Recommend blog tags

Pick up blog lists

2024/3/22

求職者向け

<Featured Jobs> #Remote work in Japan #Over ¥6 million #Permanent

Thank you for visiting GitTap.Today, we would like to introduce you to jobs that allow you to work remotely in Japan.In particular, please refer to this page if you are considering a job change to a #Remote work in Japan #Over ¥6 million #Permanent !WealthPark Co., Ltd.💻Backend Engineer📍 Tokyo💴 7M ~ 850M📄 Check Job posting:https://cs.gittap.jp/jobs/3393💻 Application Engineer📍 Tokyo💴 6M ~ 7.5M📄 Check Job posting:https://cs.gittap.jp/jobs/3349PERSOL CROSS TECHNOLOGY CO., LTD💻 System Development Engineer📍 Tokyo💴 4M ~ 6.5M📄 Check Job posting:https://cs.gittap.jp/jobs/3400S-cubism Inc.💻 Full Stack Engineer📍 Tokyo💴 4M ~ 7M 📄 Check Job posting:https://cs.gittap.jp/jobs/3443💻 Possible to determine assignment based on career📍 Tokyo💴 5M ~ 7M📄 Check Job posting:https://cs.gittap.jp/jobs/3445SYSTEM’S Co.,Ltd💻 Backend Engineer, Infrastructure Engineer📍 Tokyo💴 4M ~ 8M📄 Check Job posting:https://cs.gittap.jp/jobs/2464la-haina Co., Ltd.💻 Backend Engineer, Infrastructure Engineer📍 Tokyo💴 3M ~7.5M📄 Check Job posting:https://cs.gittap.jp/jobs/3037Nexes Inc.💻 Backend Engineer, Infrastructure Engineer📍 Tokyo💴 5M ~10M📄 Check Job posting:https://cs.gittap.jp/jobs/3385💻 Infrastructure Engineer📍 Tokyo💴 8M ~14M📄 Check Job posting:https://cs.gittap.jp/jobs/3387Let’s get a new job with GitTap!If you find a new job through GitTap, you will receive an Amazon gift certificate worth 5,000 yen as a congratulatory gift for changing jobs.Also, if you introduce GitTap to a friend or colleague who is looking for a new job as an IT/engineer, you will receive a 5,000 yen Amazon gift certificate.#Refer-a-friend program*There are some conditions for the gift certificate.

2023/11/8

Job seeker (IT engineer)

Jobs can be started in Dec. on GitTap

Only two months remain in the year 2023.We are pleased to announce that we have put together a special feature on jobs available in December at the GitTap team!Let's run through to the end of 2023 together! ☆Nihon Luxor System Co.,Ltd   Open positions:System Engineer / Programmer 【Java,PHP】   Check for jobs:https://cs.gittap.jp/jobs/2545☆Legalscape, Inc.   Open positions①:Software Engineer (Applications)   Check for jobs:https://cs.gittap.jp/jobs/2542   Open positions②:Project Manager   Check for jobs:https://cs.gittap.jp/jobs/2544   Open positions③:Engineering Manager   Check for jobs:https://cs.gittap.jp/jobs/2543☆Wisdom Technology   Open positions:Systems Engineer   Check for jobs:https://cs.gittap.jp/jobs/2562☆ARSTECH GUILD Inc.   Open positions:Game engineer (experienced person)   Check for jobs:https://cs.gittap.jp/jobs/1☆WeStyle Co., Ltd.   Open positions:Mechanical / CAD Engineer   Check for jobs:https://cs.gittap.jp/jobs/1782  ☆CONTROL TECHNOLOGY CORP.   Open positions:PHP Engineer   Check for jobs:https://cs.gittap.jp/jobs/2389☆SUCCESS Corporation【Over 1,800 game titles developed】   Open positions①:Full benefits package/professional group/open workplace   Check for jobs:https://cs.gittap.jp/jobs/1506   Open positions②:Server Programmer   Check for jobs:https://cs.gittap.jp/jobs/1507   Open positions③:2DCG Designer   Check for jobs:https://cs.gittap.jp/jobs/1508   Open positions④:3DCG Designer   Check for jobs:https://cs.gittap.jp/jobs/1509☆RAKUS Co., Ltd.   Open positions①Tech Lead (stationed at subsidiary in Vietnam)   Check for jobs:https://cs.gittap.jp/jobs/2542    ※ Depending on various conditions, entry into the company may take place after January.    Open positions②:【Osaka】Bridge SE   Check for jobs:https://cs.gittap.jp/jobs/2548 ※Depending on various conditions, entry into the company may take place after January.   Open positions③:【Tokyo】Bridge SE   Check for jobs:https://cs.gittap.jp/jobs/2549 ※Depending on various conditions, entry into the company may take place after January.☆OPTIMIND Inc. Open positions:Web Application Engineer [Full Remote / Flexitime] Check for jobs:https://cs.gittap.jp/jobs/2129If you are a global IT engineer who wants to earn a good salary and build a successful career, you can register with GitTap, a job site for foreign IT professionals.  You may get scouted by companies that can offer a job with a simple, flexible deal with a good salary. Start by signing up and archive your ideal career in Japan.GitTap is a job change website that helps non-Japanese IT engineers living and working in Japan. To find the best job that suits you, please click here.The post Jobs can be started in Dec. on GitTap first appeared on GitTap BLOG.

2023/8/22

Job seeker (IT engineer)

Job Hunting Schedule for Working in Japan [JASSO International Students Must See!]

Through JASSO's international student events and other events, more and more students are thinking about working in Japan. One of the attractions of Japan is that employment is more stable and benefits are more generous than in other countries. However, job hunting in Japan has various differences in schedule and other aspects compared to other countries, so it is necessary to know how to job hunt in the Japanese style.In this issue, we will explain job hunting methods and job hunting schedules for international students who want to work in Japan. If you are interested in working in Japan, please refer to this article to make your job hunting in Japan a success. If you are interested in the IT industry in Japan, we also recommend you to search for a job on "GitTap", an IT industry job site where global companies gather.▼GitTap is here.Characteristics of the Japanese Job Hunting ScheduleThere are various differences in the general job hunting process in Japan compared to other countries. International students working in Japan are basically encouraged to follow Japanese rules for job hunting, so there is a high possibility that you will fail if you proceed with job hunting according to the rules of your own country. First, let's learn about the characteristics of "job hunting" in Japan.Searching for a Job While Still in SchoolRecruitment and selection takes place during a fixed periodMany people are hired on the basis of their potentialSearching for a Job While Still in SchoolOne of the major characteristics of Japan's job hunting is that students search for a company to work for while still in college. According to data from the Japanese Trade Union Confederation, more than 80% of people in Japan have a job lined up after graduation while still in college.However, in many countries outside of Japan, job hunting is rarely done while still in school, and students decide what type of company they will work for after graduation. According to the data above, only four countries (Thailand, Brazil, Germany, and Russia) have more than 50% of their graduates who have a job lined up after graduation while still in college. These countries also have percentages below 65%, indicating that it is rare for job hunting to take place while still in college around the world.Note that if you start job hunting in Japan after graduation, you will not be able to find a job in time. Instead, Japan offers a grace period of six months to a year between graduation and starting work, allowing you to do what you want, such as long trips or volunteer work.Reference: 日本労働組合総連合会Recruitment and selection takes place during a fixed periodIn general, Japanese job hunting is based on the "lump-sum hiring of new graduates," in which recruitment and selection is conducted for newly graduated students during a fixed period each year. Therefore, job hunters in Japan have to start all together side by side, which is rare in the world, and international students who want to work in Japan have to get used to this system.Following the new graduate lump-sum recruitment rules, the timing of public relations activities such as company information sessions, selection activities such as interviews, and the issuance of job offers are set. Although these rules do not necessarily have to be followed, most companies have adopted these job hunting rules because they have the advantage of making recruitment activities more efficient for companies.However, the new graduate lump-sum hiring rule was superficially abolished in September 2018. Currently, the current rule is maintained because it causes confusion for students, but international students should understand that the rule will gradually disappear.Reference: 就活ルールが廃止される!今後の就活はどうすればいい?/career ticketMany people are hired on the basis of their potentialIn countries other than Japan, emphasis is placed on immediate ability to be active in the business world immediately after entering a company. However, in Japanese job hunting, where companies are determined while students are still in school, potential tends to be more important than immediate ability. For this reason, many Japanese companies use on-the-job training (OJT), in which employees receive training while working after joining the company.In Japan, a new graduate is not immediately dismissed even if he/she lacks knowledge or skills in the industry. Even if you are studying at a university that is not directly related to the job, you may be hired as long as you have potential.Reference: 新卒採用があるのは日本だけ!?海外の就活事情/KotsuKotsuOverall Schedule of Job Hunting in JapanJob hunting in Japan is unique compared to other countries, and it is important for international students to understand the unique job hunting schedule in Japan. Let's take a look at the general schedule for job hunting in Japan.<In the case of job hunting from 2025>July 2023 - March 2024: Internship / Self-analysis / Industry researchSeptember 2023 - June 2024: Research on job types and companiesDecember 2023 - June 2024: Preparation of application documentsMarch 2024 - June 2024: Company information sessionsMarch 2024 - June 2024: Company EntryApril 2024 - June 2024: ES SubmissionJune 2024 - October 2024: Interviews and written testsJune 2024 - Around October 2024: Unofficial job offersOct. 2024: Offer of employmentMarch 2025: Graduation from universityApril 2025: Entry into companyReference: 日本の就職活動の流れ/マイナビ新卒紹介The above schedule is the general job hunting schedule in Japan. After receiving an unofficial job offer in October, you have about 6 months to spare until you join a company, so you can spend your time doing what you like, such as long trips or volunteering. International students can also study Japanese or return to their home countries to prepare for employment in Japan.Some of the general schedules introduced above may not be familiar to international students. From here, we will explain each of them in detail.InternshipsAn internship is an opportunity to experience work in an industry or occupation that interests you. By participating in an internship at a Japanese company, international students can learn about the Japanese way of working, Japanese culture, and Japanese business etiquette. International students who have questions or concerns about the Japanese way of working should actively participate in internships.In countries other than Japan, participation in an internship often leads to positive employment decisions from that company. However, in Japan, participation in an internship does not directly relate to employment. It is important to understand that an internship in Japan is only a work experience.Reference: 日本と欧米のインターンシップの違い/noteSelf-analysisSelf-analysis means thinking about and organizing your strengths, weaknesses, future vision and values. Since potential employment is common in Japanese job hunting, you will be evaluated based on your potential ability, not on your skills or knowledge of the industry. Therefore, self-analysis is indispensable in order to give the interviewer a deeper insight into yourself during the job search process.Another benefit of self-analysis is that it helps you clarify the kind of job you want to work for. If you choose a job that you are not interested in after you have been hired, you will have to change jobs anew. In Japan, job change is less active than in the rest of the world, so you may have a hard time finding a new job.To conduct an effective self-analysis, first look back at your past and identify memorable experiences and events, as well as episodes related to those experiences and events. It is also important to imagine yourself in the future and think about the kind of career you would like to pursue. International students should think about why they want to work in Japan on two axes: the past and the future.Reference: 自己分析とは?実施のメリットと就活・転職活動での必要性を解説/ハタラクティブResearching Industries, Occupations, and CompaniesIn job hunting in Japan, it is common to be asked why you want to apply for a job. By carefully researching each industry, job category, and company, you will be able to demonstrate your enthusiasm in addition to specific reasons for applying. An industry is a general classification of work, and a job title is a type of work. First, understand what industries exist in Japan, and clarify what kind of industry you are interested in.An occupation is a type of job. For example, in the IT industry, there are various types of jobs such as consultant, system engineer, programmer, and project manager. Although new graduates in Japan are rarely limited to specific job titles, it is important to research job titles when communicating your reasons for applying for a job. Even within the same industry, different types of jobs can have completely different job descriptions, so think carefully about which type of job will best suit your future career.Company research is the most important part of your reason for applying. There are many companies in the same industry and with the same type of work, but without researching the company, it is impossible to clearly convey why you chose this company. Select the company you want to join by gleaning the corporate philosophy, message from the representative, and strengths of the company from the company's website.Reference: まずはやってみよう!業界・企業・職種研究/キャリタス就活Preparation of Application DocumentsIn Japan, two types of application documents are basically required for job hunting: a "resume" and an "ES. A resume is a document that contains basic information about yourself, such as your address, date of birth, educational background, qualifications, and licenses.Many countries do not have a set format for resumes, but Japan does. For international students in Japan, there may be a university-designated resume, so please check with your university. If there is no university-designated resume, use a commercially available resume.For more information on how to properly write a resume for international students, please refer to this article.▼A step-by-step guide to writing a competitive RirekishoES is an entry sheet, and it serves to appeal your personality, such as your motivation for applying for a job and your personal PR. Basically, each company has its own designated ES, so be sure to check the contents beforehand. Although the questions asked differ from company to company, there is no problem in using the same content and episodes.Company Information SessionsCompany information sessions are held by companies to let people get to know the company. You can get general information about the company's business and operations, as well as hear the real voices of senior employees who are actually working at the company.There are two types of company information sessions: those held by individual companies and those held jointly by multiple companies. Individual information sessions have the advantage of allowing you to learn more about a single company in detail, but you need to make reservations as early as possible because of the limited number of positions available. Joint information sessions have the advantage of allowing you to learn about many companies at once. If you are not sure which company you are interested in, you should attend a joint information session to compare the business contents and other information.Reference: 会社説明会とは?当日の流れや基本マナー、質問のポイントを解説/ユニキャリInterviews and Written ExamsIt is no exaggeration to say that the most important part of job hunting in Japan is the interview. Although it varies from company to company, there are basically two or more interviews before a job offer is made, and you may be asked to participate in various types of interviews, including group interviews, group discussions, and individual interviews.<Types of Interviews in Job Hunting in Japan>Group interview: An interview with other applicantsIndividual interview: An interview in which time is spent on each candidateGroup discussion: A method in which several applicants discuss a given topicIn both group and individual interviews, you will basically be asked personal questions such as your motivation for applying for the company and your personal PR. Based on your self-analysis and the content of your ES, you should actively promote yourself. In group discussions, your role and behavior within the group will be checked. Communication and problem-solving skills are generally evaluated.In all interviews, not only the content but also your language, appearance, speech and attitude will be evaluated. If your Japanese is not sufficient, your speech may be slurred, but this is not a problem if your enthusiasm is conveyed. If you want to know more about Japanese interview etiquette and behavior, please refer to this article.▼Manners and behavior required for a job interview at a Japanese companyUnofficial Offers and Job OffersReceiving an offer of employment from a company is called an unofficial job offer in Japan. It is possible to receive an unofficial job offer as early as June of the year before entering the company. However, according to the rule of lump-sum employment of new graduates introduced earlier, it was stipulated that informal job offers should be notified only after October. Since this rule is still in effect, informal job offers made by October are called "unofficial job offers.Since an informal job offer is a prior commitment, it cannot legally be said to be a job offer. Therefore, it is possible for either the applicant or the company to rescind an informal job offer. Even an informal job offer can be withdrawn by the applicant, so even if you receive an informal or unofficial job offer, you may continue your job search until you receive the results from your first choice of company.Many companies hold an informal ceremony in October for those who have received a job offer. The informal ceremony is where formal notification of the job offer is made, and a reception is often held with executives and senior employees.Reference: 内々定とは?内定との違いや取り消しになるケースも解説/スタンバイJapanese Job Hunting Schedule for International StudentsThe general job hunting schedule in Japan is as described above. However, international students may not be able to move according to the above schedule. From here, we will introduce three points to keep in mind as a schedule that international students should be aware of.The general graduation season in Japan is MarchCompanies that hire year-round are recommendedProcedures are essential for job hunting after graduationThe general graduation season in Japan is MarchThe reason why the job hunting preparation in the schedule introduced above starts in June is because Japanese companies generally start their employment in April. However, looking around the world, it is rare for countries to have April entry dates, and for international students, the entry date may not coincide with the time of university graduation.If you are an international student who wants to work in Japan and your graduation date does not match the start date of your company because you are graduating from a university in your home country, it is important to understand the above process and carefully plan your job hunting schedule so that you do not fall behind other students.Reference: 4月入学の国って他にある?なぜ日本の新学期・入学式は4月から始まる?/All AboutCompanies that hire year-round are recommendedYear-round recruiting refers to companies that recruit throughout the year without being bound by job hunting rules. Some companies introduce fall recruitment for international students, and in such cases, you can proceed with your job hunting six months later than the schedule introduced above.Although year-round recruitment tended to be more difficult, more companies are expected to introduce this system following the abolition of the job hunting rule. International students who think that the lump-sum hiring method for new graduates is not suitable for them should actively choose companies that hire year-round.Reference: トレンドが変わった?全大学院生がおさえるべき「通年採用」とは?/アカリクProcedures Required for Job Hunting after Graduation If you have not found a job by the time of graduation, it is possible for international students to continue job hunting after graduation. In this case, it is necessary to change your visa status from a college student visa to a special activity visa. For the change procedure, prepare the following documents.Application for permission to change status of residence (with photograph)PassportResidence cardDocuments proving your ability to bear expenses during your stay in JapanUniversity diplomaLetter of recommendation from the universityDocuments proving that you are seeking employment However, the required documents vary depending on the type of school you are studying at, so please refer to this website for details.▼When an international student who has graduated from a Japanese university is looking for a jobRecommended events for those who are considering studying in JapanFor those who wish to study in Japan before seeking employment in Japan, we recommend participating in the Virtual Fair for Study in Japan organized by JASSO. This event is designed for students who wish to study in Japan, and Japanese universities will be participating to provide information about their schools and individual consultations. Since the event is held online, you can obtain up-to-date and accurate information about studying in Japan from the comfort of your own country.The Virtual Fair for Study in Japan, which has been held annually since 2020, will be held for five days from August 30 to September 3, 2023. 72 Japanese universities and Japanese language schools will participate, and each school will conduct live sessions via Zoom so that you can hear specific details about their programs. If there is a university you are interested in, you can take a live session in time. For detailed dates and times for each school, please visit the official website below.▼Click here for the Virtual Fair for International Students in Japan page hosted by JASSOJapanese Job Hunting Schedule for International Students to Be Aware ofCompared to other countries, Japan's job hunting schedule differs greatly. If you start job hunting without knowing the unique characteristics of Japan, you may not be able to find a job in time for graduation. In particular, international students who became interested in Japan through JASSO events and other events should be aware of the job hunting schedule in Japan so that they do not proceed with their job hunting in the same way as in their home country.If you are interested in the IT industry in Japan, we recommend using "GitTap," a job site specializing in the IT industry. Since global companies are gathered here, there are high chances for international students to be active while living in Japan.▼GitTap is here.

2023/8/21

Job seeker (IT engineer)

Introducing JASSO-sponsored study abroad events which is for foreigners who want to study in Japan!

Japan is one of the most popular countries among foreigners for various reasons, including culture and food. Many foreigners who have once traveled to Japan want to study abroad in Japan to further learn about Japanese culture and history. However, in order to study in Japan, it is necessary to know how to choose an appropriate university and knowledge about the Japanese study abroad system. For those who want to learn more about studying in Japan, we recommend the study abroad events organized by JASSO.In this issue, we will introduce study abroad events organized by JASSO for foreigners. If you are a foreigner who is interested in studying in Japan, please refer to this page. If you are a foreigner who wants to work in Japan in the future, we also recommend you to think about your career by using "GitTap", an IT industry job site that gathers global environment jobs.▼GitTap is here.What is JASSO?JASSO stands for "Japan Student Services Organization" and is an organization under the jurisdiction of the Japanese Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology that supports Japanese students and students studying in Japan. JASSO is the only national center in Japan that specializes in student support.Scholarship Program: Provides loans and grants to students who have difficulty attending school for financial reasonsStudent Life Support Program: Provides career education, job placement support, and support for students with disabilitiesInternational Student Support Programs: Provides support for both international students and Japanese studentsJASSO's programs enable foreign students to receive support for studying in Japan, such as scholarships, provision of information, and creation of bases for international exchange between Japanese and foreign students.If you are interested in studying in Japan, first take a look at the JASSO website. You can look up schools in Japan where you can study abroad, and obtain information on the EJU, an examination conducted to evaluate the Japanese language skills and basic academic abilities required by Japanese universities and other institutions. If you would like to study in Japan but cannot cover the costs, you may be able to take advantage of scholarships lent or awarded by JASSO. The service also introduces international exchange centers for foreign students, and is recommended for gathering information after studying in Japan.JASSO, which provides support for foreigners who wish to study in Japan, offers scholarships to study in Japan, and provides various other types of assistance to international students, is also active in supporting international students in finding employment. It provides information on the experiences of international students working in Japan and information on job hunting in Japan, so international students who want to work in Japan should first check JASSO's website and SNS.▼Click here for the JASSO international student support pageInternational student support events hosted by JASSOJASSO holds various events as part of its support programs for international students in Japan. This time, we will introduce three events that are particularly popular with visitors. Some of these events have already been closed, but it is important to check the information on these events as they are held regularly every year.Study in Japan FairsCollege Guidance Fairs for International StudentsStudy in Japan Virtual FairStudy in Japan FairsThe Study in Japan Fairs is held annually by JASSO for high school, university, and graduate students who wish to study in Japan. Japanese universities participate in this event and provide school information, individual consultations, and presentations by the organizers on study in Japan, Japanese government scholarships, and experiences of study in Japan by students who have studied in Japan. Since the fair is held in various countries, it is a valuable opportunity to obtain up-to-date and accurate information about studying in Japan without having to come to Japan.The countries where JASSO Study in Japan Fairs have been held or are scheduled to be held are as follows2017: Taiwan, Hong Kong, Thailand, Korea, Vietnam, Indonesia, China, Malaysia2018: Taiwan, Hong Kong, Thailand, Korea, Vietnam, Indonesia, Nepal, China, Malaysia2019: Taiwan, Hong Kong, Thailand, South Korea, Vietnam, Indonesia, Malaysia, China2022: Taiwan2023: South Korea, VietnamDue to COVID-19, the majority of events have been replaced online since 2020. Please check the JASSO website to see if a Japan Education Fair will be held in your country.▼Click here for JASSO Study in Japan Fairs pageCollege Guidance Fairs for International StudentsLike the Study in Japan Fairs, JASSO holds the College Guidance Fairs for International Students every year. It provides information for international students who wish to enter Japanese high schools, universities, and graduate schools to select schools that are in line with their career paths. This event is not only for those who are studying in Japan from their own countries, but also for international students who are already studying in Japan and plan to further their education at another school in Japan.Individual counseling, EJU counseling, TOEFL, etc. are also available, so if you have any concerns or worries about studying in Japan, why not participate in this event? Unlike the Study in Japan Fairs, this event is held in Japan and can be attended at either of two venues, Tokyo or Osaka, every year.▼Click here for JASSO College Guidance Fairs for International StudentsStudy in Japan Virtual FairThe Study in Japan Virtual Fair organized by JASSO is an online version of the Study in Japan Fairs introduced above. Since the Study in Japan Fairs is held only in a limited number of countries, not all people who wish to study in Japan can participate. However, the Study in Japan Virtual Fair is open to people from all over the world, and is relevant not only to students who wish to study in Japan, but also to guidance counselors, teachers, and anyone else involved in the study abroad process.The Japan Education Virtual Fair has been held since 2020, and it will be held for five days on August 30, 31, September 1, 2, and 3 in 2023. 73 Japanese universities and other institutions will participate from all over Japan, so it may serve as a guide for those who want to study in Japan but are wondering which school to choose. It may be a good opportunity for you to get information on many schools at once. You will be able to get information on many schools at once, and there will be live sessions where you can ask and answer any questions you may have. The list of participating universities is as followsNUCB Undergraduate SchoolYokohama International Education AcademyKeio UniversitySANKO Japanese Language SchoolMeiji Gakuin UniversityUniversity of TsukubaShizuoka UniversityToyo UniversityTokyo/Osaka Japanese Language Education CentersFukuoka Institute of TechnologySenshu UniversityOkayama UniversitySOKA UniversityJapan LanguageESP Educational CorporationFukuoka Foreign Language College (FFLC)Hokkaido Japanese Language Academy Sapporo Main CampusKansai UniversityRitsumeikan UniversityWaseda UniversityInternational Student Study Kyoto NetworkUniversity of Niigata PrefectureUniversity of FukuiToyo Language SchoolAdachi Education GroupKwansei Gakuin UniversityHokkaido UniversityBunka Institute of LanguageNagahara AcademyRitsumeikan Asia Pacific UniversityFujiyama Japanese Language SchoolKyushu UniversityOchanomizu UniversityDigital Hollywood UniversityShinshirakawa International Education AcademyAkita UniversityOsaka Metropolitan UniversityOsaka UniversityInternational University of JapanThe University of Electro-Communications (UEC)Tokyo Kogakuin Japanese Language SchoolEikei University of HiroshimaHosei UniversityTokyo University of Agriculture and TechnologyMeiji UniversityTeikyo UniversityFukuoka UniversityThe University of TokyoNagoya UniversityRyukoku UniversityTokyo Medical and Dental UniversityUniversity of ToyamaNagoya Institute of TechnologyTokyo University of Foreign StudiesMusashino UniversityTokyo Metropolitan UniversityKANAGAWA UNIVERSITYKyoto UniversityTokushima UniversityThe University of AizuHiroshima UniversityYokohama National UniversityKitasato UniversityKyoto University of Advanced ScienceOsaka University of EconomicsTsuji Culinary InstituteKanazawa UniversityTokyo Institute of TechnologyKumamoto UniversityKagawa Nutrition UniversityDoshisha_UniversityJuntendo UniversityChiba UniversityVarious educational institutions such as national and public universities, highly specialized schools, and Japanese language schools will participate in the program. The live sessions will be held on different dates and times for each university, so please see the official website below for detailed dates and times for each school.▼Click here for JASSO Study in Japan Virtual Fair pageHow to participate in Study in Japan Virtual Fair by JASSOIf you would like to participate in any fair for international students who want to study in Japan, you can participate in the Study in Japan Virtual Fair by JASSO, which will be held over five days from August 30 to September 3 in 2023. Participation is free of charge and you can apply for participation using the following format.▼Study in Japan Virtual Fair 2023 Registration FormFrom the official website, you can also learn about the schedule of each participating university. You can also search for appropriate schools by selection and faculty. Zoom is required for the live session, so please download it in advance. You can join Zoom from the website 15 minutes before the day of the fair. The live sessions will be conducted in English, so if you are not comfortable with Japanese, don't worry.Three Advantages of Studying in JapanThere are many different countries in the world, and their characteristics and cultures differ greatly from country to country. However, Japan is one of the most popular countries to study abroad. There are three advantages to studying in JapanSafe and secure living environmentCost-effective for studying in JapanCareer opportunities in JapanSafe and secure living environmentThe crime rate in Japan ranks 134th out of 142 countries in the world, and is said to be a relatively safe country even from a global perspective. Therefore, by studying in Japan, you can learn what you like without worrying about security. Another advantage of studying in Japan is that you can concentrate on your studies because the infrastructure is highly reliable and the health insurance system is excellent.Reference: 海外危険度レベル・犯罪発生率(2022年度):本当に海外は危ないのか?(体験談)/海外起業家’s EGGCost-effective for studying in JapanJapan has a high level of education, and you can take highly specialized classes and lectures. You can learn about a variety of fields of study at a single school, making it possible for you to choose various career paths after graduation. Despite providing world-class education, tuition in Japan tends to be lower than in other developed countries such as the United States and the United Kingdom. Another advantage of studying in Japan is that you can take high-level courses at a relatively low cost.Furthermore, in recent years, the cost of living in Japan has become cheaper than in the rest of the world. According to the "Big Mac Index," which is often used to compare purchasing power, a Big Mac costs 697 yen in the US, 507 yen in Thailand, and 410 yen in Japan. In other words, the purchasing power of the Japanese yen is now lower than that of foreign countries. Japan is now one of the most recommended countries to study abroad because not only tuition fees but also rent and living expenses can be kept low.Reference: データで見る “安いニッポン”/NHKスペシャルCareer opportunities in JapanMany people who are considering studying in Japan may want to work and live in Japan in the future. Since Japanese companies hire many foreign graduates who studied in Japan every year, it is relatively easy to start a career in Japan if you study in Japan. Studying in Japan allows you not only to study but also to learn about the Japanese language and culture, so you can work in Japan without feeling inconvenienced or uncomfortable when you start working in Japan. The job hunting process in Japan has many features that are different from those in other countries, so if you study in Japan, you will be able to put them into practice while you are in Japan.Japanese universities have career centers and provide extensive support for job hunting. However, actively using employment service centers for foreigners and job sites will further increase your chances of success in your job search. If you want to work for a Japanese global company that actively recruits foreigners and returnees, we recommend "GitTap," where the global IT companies are gathered. From the time you are a student, you should be aware of what kind of companies are recruiting and acquire the necessary Japanese level and qualifications.▼GitTap is here.Checking JASSO is essential for studying in Japan!International students who want to study in Japan should check information on JASSO, an organization under the jurisdiction of the Japanese Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology that supports Japanese students and students studying in Japan. JASSO is active in supporting international students and holds various events on a regular basis. JASSO will be holding a "Study in Japan Virtual Fair" from August 30 to September 3 in 2023, which you can participate in online. If you are not sure which school you should study at or if you want to learn more about studying in Japan, please participate in this event.▼Click here for JASSO Study in Japan Virtual Fair page

2023/2/20

求職者向け

Web系の仕事で外国人と働くことはある?メリットや注意点を解説

近年、日本では外国人と一緒に働く機会が増えてきました。特に外国人を積極採用しているWeb系の仕事では、その傾向が顕著に見られます。この記事では、外国人と働く際のメリットや注意点、Web系の仕事の職種、そしてWeb系の仕事を探す際に便利な求人メディアなどを紹介します。 外国人と働く環境で仕事をしたい人は、グローバル環境のIT企業に特化した求人サイトの『GitTap』がおすすめです。多種多様な国籍の人が働いている企業が多く集まっているため、Web系の仕事で外国人と働くことができます。 Web系の仕事で外国人と働く可能性は高い Web系とは、HTMLなどを使ってWebサイトの外観を構築したり、プログラミング言語でサーバーやミドルウェアを開発したりする仕事の総称です。EC市場などWeb系の仕事の規模は年々伸び続けており、今後も新しいテクノロジーを取り入れながら成長を続ける可能性が高いです。そのためWeb系は、日本だけでなく世界的に将来性が豊かな仕事だと言えます。 参考:EC市場は伸びている!2022年最新の規模・動向から定義まで解説/SI Web Shopping Web系の仕事で外国人と働く可能性が高い理由には、以下の2つが挙げられます。 外国人と働く可能性が高い理由①:Web系の仕事は全世界共通である Web系は全世界共通のスキルを使った仕事です。プログラミング言語として日本で頻繁に使われる「Python」は、アメリカや中国、ロシアなどでも使われています。一定の知識があれば国籍や言葉の壁を越えて協力しあえる仕事なので、日本の企業でもスキルを持つ外国人が多く働いています。 参考:プログラミングスキルは世界共通!海外で通用する人になるには?/コエテコ 外国人と働く可能性が高い理由②:日本のWeb系は人材不足である 日本のWeb系企業は人材不足に陥っており、日本人・外国人ともに採用枠を広げています。プログラミングなどの専門知識が必要ですが、場合によっては未経験でも日本人・外国人を採用する企業もあります。そのため近年では外国人の就職も多く、日本国内であっても外国人と働く可能性が高いです。 参考:ITエンジニアが「人手不足」な理由 – 日本のITエンジニア人口と今後の不足見通し/人材紹介マガジン Web系の仕事で外国人と働くメリット3つ Web系の仕事で外国人と働くメリットを3つ紹介します。 それぞれの内容を見ていきましょう。 言語スキルが高まる 外国人と働くことで言語スキルが高まります。Web系の仕事は黙々とパソコンに向かって作業するだけでなく、職種によってはエンジニア同士のコミュニケーションの機会も多いです。そのため職場で外国人と交流できる機会が多くなり、会話を交わす中で言語スキルを高めることができます。 言語スキルが高まると、グローバル企業や海外企業などにもチャレンジしやすくなります。言語スキルだけでなく、外国の文化や価値観も肌で感じるチャンスが増えるでしょう。 以下の記事では、実際に外国人を積極的に採用している企業のリアルな声を紹介しています。 新たな視点からWeb系の仕事に取り組める 外国人には、日本人が持っていない視点・感覚があります。そのため、これまでに気が付かなかったような価値観やマインドを吸収して、業務に取り組めるようになるのもメリットの一つです。 Web系の仕事は世界各国で普及している仕事です。そのため、さまざまな国の人の働き方を知ることで、新たな発見があるでしょう。以下の企業は、外国人と働くことで「多角的な視点が広がった」と話しています。 グローバルな環境に対応できるようになる 外国人と一緒に働くことで、グローバル企業がどのような雰囲気なのかを理解できます。特に外国人を多数採用している企業に就職・転職すると、さまざまな国の人の価値観や文化、働き方などがわかるでしょう。 特に、将来的にグローバル企業や海外企業で働きたいと考えている人にとっては、さらに大きなメリットです。以下の企業は、外国人と働く環境を作ることで「幅広いアイデアや考えが増えた」と話しています。 Web系の仕事で外国人と働く際の注意点2つ Web系の仕事で外国人と働くにはさまざまなメリットがありますが、注意点も存在します。外国人と働く環境で仕事をしている場合は、以下の2点に注意しましょう。 意思疎通が難しい場合がある 言葉の壁の問題で、外国人と意思疎通をとるのが難しい場合があります。Web系の仕事の場合、プロジェクトのメンバー間で専門的な会話を行う場合があります。言語のレベルに差がある場合、円滑なコミュニケーションがとれないかもしれません。 参考:日本人と外国人、お互いにストレスなく働くには/goalous blog 価値観の違いがある 日本人と外国人では、時間や仕事に対する価値観や文化に違いがあります。「出社時間や納期に対して幻覚ではない」「残業をせずに帰ってしまう」など、感覚の違いからトラブルが起こるかもしれません。このようなトラブルを避けるためには、海外の文化も尊重しながら日本の文化を伝えたり、理解してもらえるようにわかりやすく説明したりする姿勢が重要です。 参考:外国人の仕事の考え方とは?日本人とどう違う?採用・雇用前にトラブルを防げる対策も紹介/ウィルオブ採用ジャーナル 外国人と働く可能性のあるWeb系の職種7選 Web系の仕事にはさまざまな種類があり、特に外国人と働く可能性の高いWeb系の職種は以下の7種類です。 職種ごとの特徴や、外国人と働くうえでのポイント・注意点などを解説します。 外国人と働く可能性があるWeb系の職種①:Webディレクター Web制作におけるプロジェクトの指示や管理を行う仕事です。クライアントの依頼を細かく把握したうえで、理想的なコンテンツ制作ができるスケジュールやメンバーを決定し、編成します。 スケジュールがタイトになる可能性があるため、外国人特有のルーズに思えるような仕事の姿勢には注意しましょう。出社時間や納期を厳守する、場合によっては残業が発生するといった事情も理解してもらうような説明が必要です。 参考:Webディレクターとは? Webディレクターの仕事内容と年収/IT業界まるわかりガイド 外国人と働く可能性があるWeb系の職種②:Webプロデューサー Webサイト作成などのプロデューサーとして活動します。Webディレクターはサイト制作・運用・管理を担当しますが、Webプロデューサーは事業計画やサイト設計といった基礎を構築する点が特徴です。 外国人プロデューサーと協力する場合と、外国人の技術者を部下として加える場合があります。外国人スタッフとはスケジュールの感覚をすり合わせることに加えて、コミュニケーション面で協調性のある対応を求めるように意識しましょう。 参考:WebプロデューサーとWebディレクターの違い – 業務・年収・思考を比較解説/マイナビクリエイター 外国人と働く可能性があるWeb系の職種③:Webプランナー Webサイトの制作依頼を受け、クライアントのイメージどおりに仕上がるよう企画設計を行います。Webサイト制作において基盤となる仕事なので、制作物のクオリティを左右する責任ある仕事です。 Webプランナーは、ディレクター・プロデューサーと技術者の中間管理職のような存在として活躍し、日本人と外国人の中間管理職となる場合もあります。外国人は日本の社会人の基本である「ホウ・レン・ソウ」を理解していない可能性もあるため、進捗について細かく連携・確認を取ることが重要です。 参考:Webプランナーとは? 気になる業務内容などを詳しく解説/マーキャリMEDIA 外国人と働く可能性があるWeb系の職種④:Webエンジニア Webサイトに搭載する機能や、システムやアプリケーションの設計と開発を行います。プランナーまでの仕事とは異なり、要件定義に携わることはそれほど多くありません。プログラミングやデザインなどを担当し、現場作業を行います。 外国人から指示を受けて設計・開発を行う場合は、仕事内容や完成イメージを理解まで入念に話し合いを行いましょう。海外では規定や仕様書にない仕事は拒否することもあるため、外国人エンジニアと同僚になる場合は、柔軟に仕事をする姿勢を見せて日本文化を知ってもらう努力が必要です。 近年、日本において外国人エンジニアの数は急増しています。その理由や国籍について知りたい人は、こちらの記事もご覧ください。 外国人と働く可能性があるWeb系の職種⑤:Webデザイナー Webサイトのデザインを決定して、コーディングやプログラミングの技術を生かしながら制作を行います。美しいサイトデザインを追求するだけでなく、ユーザーが使いやすいデザインを生み出すことが大切です。 外国人の同僚や上司と接する際は、入念にコミュニケーションを取って作業内容を確認しましょう。意思疎通が取れていないと、完成イメージと制作物の内容が剥離して混乱する場合があります。 参考:Webデザイナーとは?仕事内容・なり方・将来性などをくわしく解説/dhu 外国人と働くことがあるWeb系の職種⑥:Webライター 主にSEO対策を目的として、Webサイトやブログに掲載する文章を制作します。データ分析によって抽出した需要の高いテーマ・キーワードを使って記事を執筆し、Googleなどの検索エンジンで上位に表示されるよう対策する仕事です。 自分がライティングを担当するだけでなく、外国人ライターが執筆した原稿の確認を行う場合もあります。この際は、差別的な表現やスラングが使われていないかなどを確認し、必要に応じて修正・フィードバックを行いましょう。 参考:Webライターとは?Webライティングの仕事内容と年収/IT業界まるわかりガイド 外国人と働く可能性があるWeb系の職種⑦:Webマーケター Webマーケティングを行って企業の課題を分析し、広告戦略の精度を高められるようフィードバックする仕事です。SEOやSNSアカウントの運用などで知名度の向上を図ったり、自ら広告を出稿したりします。 マーケティングに関する情報や最新の技術は英語で発信される場合が多いので、外国人マーケターと一緒に働くことで最新の技術を学びやすくなるでしょう。外国人はスピードを重視する傾向にあるため、分析内容を二重三重に確認して精度を高めるなど、外国人との補完関係を築くと効果的です。 参考:【Webマーケターとは】仕事内容や必要なスキルは!? 知識の習得方法も解説/CANVAS 外国人と働く可能性が高いWeb系の仕事例 上記で紹介した7つの職種のうち、外国人と働く可能性が高いWeb系の仕事には以下の3つが挙げられます。 それぞれの仕事の特徴や、外国人との接し方について解説します。 外国人と働く可能性の高いWeb系の仕事①:システムエンジニア クライアントからヒアリングしてシステム設計を行ったり、システムにおける予算やスタッフを決めるマネジメントを行ったりする仕事です。社内で働く外国人だけでなく、グローバル企業の場合はクライアントが外国人である可能性もあります。 円滑に仕事を進めるには、スケジュール感などを厳格に伝えることが大切です。特に顧客に迷惑をかけないよう、納期の重要性についてしっかり共有しておく必要があります。 参考:SE(システムエンジニア)とは?SEの仕事内容と年収/IT業界まるわかりガイド 外国人と働く可能性の高いWeb系の仕事②:プログラマー プログラミング技術を生かしてシステムを稼働させ、ソフトウェアなどを制作する仕事です。プログラミング技術に長けた外国人は多く、仕事を通じて情報交換を行うことで、最先端の技術・知識を学ぶチャンスがあります。 扱うプログラミング言語は各国共通ですが、プログラマー同士やシステムエンジニアなどとコミュニケーションをとる機会もある仕事です。その際に勘違いが生まれないよう、入念なコミュニケーションが求められます。 参考:プログラマーとはどんな仕事?プログラマーになるにはどうしたらいいの?/コエテコ 外国人と働く可能性の高いWeb系の仕事③:コーダー HTMLやCSSに代表される用語を用いてソースコードを記述する仕事です。プログラマーと同じく、一般的には日本人よりも外国人の方がコードに精通した人が多いため、一緒に働くだけで技術を高められる場合があります。 プログラマーと同じく他の職種の人とコミュニケーションをとる機会があるため、すれ違いが起きないように気をつけましょう。納期の重要性も共有しておく必要があります。 参考:Webコーダーの仕事内容から適性・役立つ資格・スキルまで徹底解説!/KENスクール 外国人と働くことができるWeb系の職場を見つける方法 外国人と働けるWeb系の職場を探す際は、グローバル求人を掲載するIT系の求人サイトがおすすめです。求人サイトを比較する際は、外国人採用企業の比率を確認しましょう。外国人採用企業の比率が多いほど、外国人と一緒に働ける可能性が高いです。 特に『GitTap』では、エンジニアを含む優秀なIT人材に適した求人を多数ご用意しています。外国人採用企業の比率は100%なので、GitTapを経由して就職・転職することにより、確実に外国人の同僚として働けることがメリットです。 Web系の仕事で外国人と働くとメリットがある Web系の仕事で外国人と働くことで、言語スキルが高まる、新たな視点からWeb系の仕事に取り組める、グローバルな環境に対応できるようになるといったメリットがあります。英語や外国の文化を吸収したい方、将来的に海外で働きたい方は、外国人と一緒に働ける企業への転職を目指しましょう。 外国人と働くことがあるWeb系の職場を探す際は『GitTap』をご利用ください。GitTapはグローバル×ITに特化した求人メディアで、外国人採用企業の比率は100%です。そのためGitTapを経由して就職・転職すれば、外国人と一緒に働くことができます。The post Web系の仕事で外国人と働くことはある?メリットや注意点を解説 first appeared on GitTap BLOG.

2023/2/18

求職者向け

Web系の仕事で外国人は働ける?おすすめできる3つの理由を解説

日本で働ける場所を見つけられず、悩んでいる外国人の人は多いでしょう。外国人が働ける就職先におすすめなのが、Web系の仕事です。Web系の仕事で使えるスキルは全世界共通であり、特に日本の企業では人材不足が続いているため、外国人でも働ける可能性が高いです。 この記事では、Web系の仕事の特徴やおすすめの職種、外国人が働けるWeb系仕事の求人メディアについて詳しく解説していきます。日本の企業で働きたいと考えている外国人の人は、ぜひ参考にしてください。外国人が働ける求人探しにおすすめなのが、グローバル企業に特化した求人サイトの『GitTap』です。 Web系の仕事とは? Web系の仕事とは、Web上のシステム開発やアプリ開発を行う仕事です。Web系の仕事を大きく分けるとフロントエンドとバックエンドに分類され、それぞれ以下の特徴があります。 ・フロントエンドHTMLなどを使ってWebサイトの「見た目」を開発する・バックエンドJavaなどのプログラミング言語を使って「サーバーやミドルウェア」を開発する EC市場などWeb業界の規模は年々伸び続けており、今後も新しいテクノロジーを取り入れながら成長を続ける可能性が高いです。そのためWeb系は、日本だけでなく世界的に将来性が豊かな仕事だと言えます。 参考:Web系ってそもそも何? コーダーからプログラマーまでの職種を大解剖/テックキャリアマガジン Web系の仕事が外国人におすすめできる3つの理由 Web系の仕事は、日本で働きたいと考える外国人におすすめの仕事の一つです。その理由には、以下の3つが挙げられます。 Web系のスキルは全世界共通である 独自のプログラム言語を使うWeb系のスキルは、全世界共通です。たとえばプログラミング言語の一種「Python」は、アメリカや日本のほか、ロシア、中国、台湾などでも使われています。Web系の仕事は外国人が自国で得たスキルを他の国でも活かして働ける仕事であり、日本でも知識があれば問題なく働けるのが魅力です。 参考:プログラミングスキルは世界共通!海外で通用する人になるには?/コエテコ 語学力を活かして働ける 語学力を活かして働ける点も、外国人におすすめできるWeb系の魅力です。IT業界はアメリカを中心とする英語文化で作られており、多くの日本企業が海外進出を視野に入れているだけでなく、たくさんの外資系IT企業も日本に進出しています。楽天グループ株式会社のように英語を公用語にしている企業もあるため、英語を話して働ける外国人は就職に有利です。 参考:IT業界で働く上で英語は必須!?企業が求める英語能力から勉強法まで解説/IT転職エージェント比較ナビ 日本のWeb系企業は人材が不足している 日本のWeb系企業は、人材不足の状況が続いています。そのため外国人・日本人にかかわらず採用されやすい環境であり、一定の知識があれば未経験でも働けるケースがあります。IT業界で最新の情報は英語で発信される場合が多く、日本のWeb系企業は翻訳者としても外国人を重宝する傾向が高いです。 外国人が働けるWeb系の職種を7つに分類 一口にWeb系といっても、さまざまな仕事があります。ここからは、外国人が働ける環境に適したWeb系の職種を、7つに分類して紹介します。 それぞれの仕事内容や、外国人が働くうえでのポイント・注意点などを見ていきましょう。 外国人が働けるWeb系の職種①:Webディレクター Web業界におけるプロジェクトの指揮や管理を行う仕事です。WebエンジニアやWebデザイナーの監督になり、クライアントの依頼に沿ったコンテンツを制作します。高いクオリティのコンテンツを作るだけでなく、スケジュール管理やメンバーの選定などもWebディレクターの仕事です。 特に海外のクライアントから仕事を受注する場合、英語力を活かしてクライアントの意図を反映させたプロジェクトを組みやすくなるでしょう。このとき注意すべき点は、日本人との文化の違いです。日本人は「察する」文化で働くことが多く、ストレートな表現でコミュニケーションをとりすぎると、チームワークが乱れる恐れがあります。 参考:Webディレクターとは? Webディレクターの仕事内容と年収/IT業界まるわかりガイド 外国人が働けるWeb系の職種②:Webプロデューサー 主にWebサイトの作成をプロデュースする仕事です。Webサイトのコンセプトやターゲット層を決定し、目的通りの集客ができるようにプロジェクトを進めます。Webディレクターはサイト制作と運用・改善を行いますが、Webプロデューサーはその前の段階となる事業計画やサイト設計を行うのが特徴です。 事業計画の段階ではマーケティングが必須ですが、AIやビッグデータを活用した市場分析は英語で行われる場合が多いため、外国人が働ける可能性が高いです。Webプロデューサーも多くのスタッフと協力して働く仕事なので、会議などでは「空気を読む」といった日本文化を尊重するように注意しましょう。 参考:WebプロデューサーとWebディレクターの違い – 業務・年収・思考を比較解説/マイナビクリエイター 外国人が働けるWeb系の職種③:Webプランナー Webサイトの制作を受注し、企画設計を担当する仕事がWebプランナーです。クライアントからWebサイトイメージのヒアリングをして、制作物の企画を立てます。企画設計はWebサイト制作の基盤となるため、制作物の出来栄えを左右する重要な仕事のひとつです。 クライアントに海外企業が多い場合、クライアントのニュアンスを正確に汲み取った企画設計を行えるため、外国人が働けるチャンスが高まります。ディレクターやプロデューサーと現場スタッフをつなぐ中間管理職的な存在になる場合もあるため、日本のビジネスマナーの基本「報告・連絡・相談(ホウ・レン・ソウ)」を意識しましょう。 参考:Webプランナーとは? 気になる業務内容などを詳しく解説/マーキャリMEDIA 外国人が働けるWeb系の職種④:Webエンジニア Webサイトで使われる機能や、システム・アプリの設計・開発を行う仕事です。具体的な仕事内容は主にプログラミングですが、会社の規模によってはデザインやマーケティングなどを担当するケースもあります。 過去にIT業界で働いていた外国人やプログラミングの知識を持つ外国人は、自身のスキルを活かして働けるでしょう。プロデューサーなどと比べてコミュニケーションをとる機会が少なく、日本語が少し苦手でも働ける可能性があります。職場や時期によっては激務になることがありますが、与えられた仕事は期日までにやりきらなければならない点には気をつけましょう。 さらに、Webエンジニアは未経験でも働ける職種の一つです。未経験でもWeb系の仕事で働きたい人は、こちらの記事も参考にしてください。 外国人が働けるWeb系の職種⑤:Webデザイナー Webサイトのデザインを手掛ける仕事です。要件定義にもとづいてデザインを行い、コーディングやプログラミングを行って、美しい見た目と使いやすさを両立させたWebサイトを制作します。クライアントへのヒアリングに参加することもありますが、基本的には現場作業です。 コーディングやプログラミングなどがメインであまり多くの日本語を使わない仕事なので、日本語を勉強中の外国人でも働きやすいでしょう。ただしプロジェクトのグループ内でやり取りする機会は多く、最低限の日本語は必要なケースが多いです。 参考:Webデザイナーとは?仕事内容・なり方・将来性などをくわしく解説/dhu 外国人が働けるWeb系の職種⑥:Webライター Webサイトに掲載する文章を書く仕事です。検索数が多いテーマ・キーワードにもとづいた記事を制作して、クライアントのWebサイトがGoogleなどの検索結果で上位に表示されるよう対策します。フリーランスで働く人もいますが、専属ライターとして就職することも可能です。 日本語以外での記事や海外の話題や海外文化を紹介する記事において、外国人が働ける可能性は高いです。しかし、日本語で記事を書く場合はビジネスレベル以上の日本語が必要になります。 参考:Webライターとは?きつい?仕事内容や年収も解説/Career-first 外国人が働けるWeb系の職種⑦:Webマーケター Webを中心にマーケティングを行い、広告戦略に活かすためのフィードバックを行います。そのうえで広告を出稿したり、SEOの改善を図ったり、SNSアカウントを運用したりするなど、実務的な作業に携わることもあります。 海外の情報を活かしてマーケティングを行う場合も多いため、英語力のある人が戦力になりやすいほか、外国人ならではの視野に立ったマーケティング能力にも期待されます。日本は海外ほどの競争社会ではないため、「速さ」よりも「正確さ」を重視したマーケティングが重要です。 参考:Webマーケターの年収はいくら?仕事内容や必要なスキルも徹底解説/コエテコ 外国人が働けるWeb系の具体的な仕事の分類 Web系における7つの職種のうち、外国人が働ける環境が多い具体的な仕事は以下の3つです。 どんな領域の仕事を任されるのか見てみましょう。 外国人が働けるWeb系の仕事例①:システムエンジニア クライアントの要望に応じて仕様を決定し、それにならって設計を行う仕事です。予算や人員などを決めるマネジメントも行います。海外のクライアントや外国人の技術者とやり取りをする際に英語を使う機会があります。日本人が多い職場の場合、やや高度な日本語能力が求められる点には注意しましょう。 ただし、一口にシステムエンジニアと言っても細かく分けるとさまざまな種類があります。以下の記事では、システムエンジニアについてさらに詳しく紹介しています。 外国人が働けるWeb系の仕事例②:プログラマー プログラミング言語を使いながらシステムを動かし、ソフトウェアなどを制作する仕事です。プログラミングに精通する人物は日本人よりも外国人の方が多く、知識や経験を持つ人はニーズが高いです。世界共通のプログラミング言語を扱う実務的な仕事が多いので、日本語がやや不得意でも十分に働けるでしょう。 参考:プログラマーとはどんな仕事?プログラマーになるにはどうしたらいいの?/コエテコ 外国人が働けるWeb系の仕事例③:コーダー HTMLやCSSといった用語を使ってソースコードを記述する仕事です。コーディングに用いる用語は世界共通なので、これまで培ってきた知識をそのまま活かせます。パソコンと向き合うことが多い仕事なので、日本語が堪能でなくても働ける可能性があります。 ほかのWeb系の仕事のように、コーダーも未経験で働ける可能性の高い仕事です。コードに使われる言語は英語が基本になっているため、日本語より簡単に覚えられるかもしれません。 参考:コーディング未経験者が3ヶ月でコーダーとして活躍する方法/SAMURAI Engineer blog 外国人が日本でWeb系の仕事を見つける方法 外国人が日本でWeb系の具体的な仕事を見つける方法は、以下の2つあります。 母国から日本支社のある企業を見つける 母国に本社もしくは支社を持つ企業の中から、日本支社を持つ企業を探してみましょう。会社によっては母国語で面接を行う場合があり、日本語や日本文化への理解が深い人物と評価された場合は日本支社に出向される可能性があります。 企業を通して日本で働くため、ビザの取得にも頭を悩ませる必要はありません。ビザに関しては、こちら記事を参考にしてください。 外国人向け求人サイトを活用する 日本には外国人向けの求人サイトもあり、さまざまな職業を探すことができます。ただし外国人が利用しやすい求人サイトは2~3サイトしかありません。特にWeb系の仕事を探すのにおすすめなのが、IT業界の求人に特化した求人メディアである、『GitTap』と『G Talent』です。多くの外国人が仕事を見つけた実績があり、外国人を含むグローバル人材を採用する企業を素早く見つけられます。 外国人が働ける求人探しにおすすめメディア①:GitTap 求人サイトの『GitTap』はグローバル企業に特化したIT人材特化型の求人メディアです。システムエンジニア、プログラマー、コーダーなど、今回紹介したさまざまなWeb系の仕事を見つけることができます。 登録するだけで外国人でも働けるグローバル環境の職場が見つかるだけでなく、企業からのスカウトを受け取ることもあります。完全無料でお使いいただけるので、まずは登録から始めてみましょう。 外国人が働ける求人探しにおすすめメディア②:G Talent 自分だけで仕事探しをするのが不安な人は、転職エージェントである求人メディアの『G Talent』がおすすめです。求人探しだけでなく、キャリア設計や日本での面接対策、日本語指導やビザ取得のサポートなどさまざまなサポートを行う求人メディアです。グローバル環境のIT企業に特化した求人メディアなので、Web系の仕事がたくさん見つかります。 ▼求人メディアG Talentの公式HPはこちら! 日本に住みたい外国人はWeb系の仕事で働ける! 日本企業への就職が難しいと言われる外国人ですが、Web系の仕事ならば働けるチャンスが高いです。システムエンジニア、プログラマー、コーダーといった仕事の中から、自らの経験や英語力・日本語力に合った仕事を選びましょう。外国人向け求人サイトの『GitTap』なら、外国人歓迎の日本企業を見つけられます。The post Web系の仕事で外国人は働ける?おすすめできる3つの理由を解説 first appeared on GitTap BLOG.

2023/2/15

求職者向け

英語環境が整っている分析に携わる仕事5選|おすすめ求人メディアも紹介

データ分析に関わる仕事は、マーケティングリサーチからコンサルタントまで幅広く存在します。これらの職業と相性が良いスキルが「英語力」です。しかし、なぜ分析に携わる仕事で英語環境がおすすめなのでしょうか。今回の記事では、分析の仕事と英語環境の関係や、分析に携わるおすすめの仕事、仕事探しに役立つ求人メディアの情報まで詳しくご紹介します。 英語環境での分析に携わる仕事に就きたい人は、IT業界のグローバル企業に特化した求人メディア『GitTap』がおすすめです。求人メディアのGitTapに登録すると、分析に関する100以上のグローバル求人を見つけることができます。 GitTap登録はこちら 英語環境で分析に携わる仕事をするべき理由 一見英語とは関係なさそうに見える分析に携わる仕事ですが、実は3つの理由から英語環境がおすすめの仕事なのです。 <分析に携わる仕事に英語環境が関係する理由> 情報量が増える 多角的な情報収集ができる 仕事の幅が広がる 英語環境で分析に携わる仕事するべき理由①:情報量が増える 英語環境で働くことで、収集できる情報量が増える点が大きなメリットの一つです。英語は世界中で使われている言語といっても過言はなく、世の中に出回る情報の言語は日本語よりも英語の方が圧倒的に多いです。 特にAIやビッグデータなどのIT技術は英語圏が強く、日本は世界水準から比べて出遅れている状況にあります。英語が読める・聞ける人の場合、英語で記されたデータや最新の研究結果・論文などをいち早く理解できるため、英語環境で働くことで取り扱える情報量を増やせます。 参考:英語で情報収集する仕事上のメリットとおすすめのメディア/STUDY HACKER 英語環境で分析に携わる仕事するべき理由②:多角的な情報収集ができる 英語環境の魅力は、情報の多さだけでなく多角的な情報収集ができる点も挙げられます。 有益な情報は日本語でも発信されますが、その情報について国内の複数のメディアが取り上げるとは限りません。また記事の内容にバイアスがかかっていたり、誤解が含まれていたりすると、情報に対して誤った認識を持つリスクがあります。 しかし英語環境で情報収集ができれば、このようなリスクを軽減でき、日本語の記事から取得した一面的な情報だけでなく、英語環境での海外目線の情報を把握できます。情報収集能力に差をつけたい場合は、日本語だけでなく英語の環境で書かれた海外のさまざまな情報も確認しましょう。 参考:英語を身に付けることで高まる情報収集の自由度について/LIBERTY 英語環境で分析に携わる仕事するべき理由③:仕事の幅が広がる 英語環境で働くことで、仕事の幅を広げられることもメリットの一つです。データ分析には最新の情報をキャッチするのが欠かせません。データ分析に関する情報は英語で発信されるケースが多いため、英語環境で働ける人ほど仕事の幅を広げやすくなります。 さらに、英語環境で働くことで多種多様な国籍の人とコミュニケーションをとるシーンが増え、日本人が持ちにくい視点や価値観に触れることができます。その結果、仕事における視野を広げやすくなるのです。 英語環境が整っている分析に携わる仕事5選 英語環境における分析に携わる仕事には、以下の5つが挙げられます。 マーケティングリサーチ データサイエンティスト AIエンジニア データエンジニア コンサルタント それぞれの仕事内容を解説しながら、どのように英語を活用することが多いのかを見ていきましょう。求人メディアの『GitTap』には、分析に関わる求人が100件以上登録されています。 英語環境での分析に携わる仕事①:マーケティングリサーチ 市場調査・分析をする仕事で、「マーケティングリサーチャー」とも呼ばれる仕事です。消費者の嗜好や関心、世界的な動向、競合する他社の動きなどを分析しながら新商品・新サービスの開発を行ったり、既存商品・サービスの改善を図ったりすることが主な仕事内容です。 流行は、世界的な規模を持つGAFAのような企業から生まれやすい傾向にあります。そのため一時的な情報は英語で発信されることが多く、英語力は必須です。英語環境での情報収集・分析でトレンドの情報を素早くつかみ、高い精度のマーケティングにつなげることができます。 参考:マーケットリサーチ、市場調査・分析/人材バンクネット 英語環境での分析に携わる仕事②:データサイエンティスト ビッグデータを加工・分析し、ビジネス上の課題を改善させる仕事です。単純にデータを分析する能力だけでなく、ビッグデータを解析するための知見やスキル、課題を洗い出すスキル、課題継承に向けた仮説を立てられる思考力などが求められます。 データサイエンティストは近年になって主流となった仕事であり、英語環境では一般化しつつあるものの日本国内ではまだ少ない仕事です。情報収集・分析そのものに英語力が必須となるほか、海外企業とコミュニケーションをとりながら仕事を進める機会も多いため、ビジネスレベルの英語力が必要となります。 参考:データサイエンティストとは?仕事内容と必要なスキルを解説/i-Learning 英語環境での分析に携わる仕事③:AIエンジニア AIに関する専門知識・技術を活かしながらシステム開発を行い、新しいサービスを生み出す仕事です。Pythonなどを使ったAI開発やAIを強化する学習作業がメインですが、AIの精度を高めるための分析作業も担っています。 AIに関する分野において日本は海外と比べて出遅れており、最新情報の大半は英語でリリースされています。状況によってはデベロッパーに対して英語で質問しながらコミュニケーションをとる場合もあり、英語環境が得意な人ほどAIエンジニアとして就職しやすい状態です。 AIエンジニアについてさらに詳しく知りたい人は、こちらの記事もご覧ください。 【転職】日本企業が求めるAIエンジニアとは 英語環境での分析に携わる仕事④:データエンジニア データの収集や分析・調整を行い、情報基盤を構築・運用する仕事です。データサイエンティストが用いるデータを使いやすい状態に整えたり、管理したりするといった作業を担います。管理するデータを利用して、機械学習やAIの学習データを作成する場合もあります。 IT業界において発信される最新情報は英語であることから、英語環境でのデータエンジニアが多く求められています。職務上連携することが多いデータサイエンティストやデータアナリストなどには外国人が多いため、円滑なコミュニケーションをとるためにも英語力が必要です。 参考:データエンジニアとは?データサイエンティストとの違いや仕事内容/CloudFit 英語環境での分析に携わる仕事⑤:コンサルタント ビジネス上の課題を抱えている企業や機関、個人からの依頼を受け、課題解消に向けた支援活動を行うのがコンサルタントの仕事です。コンサルティングを行う相手企業の業種・分野によって求められる基礎知識が異なりますが、企業の課題を細分化して分析することは共通しています。 コンサルティングは、日本企業と外資系企業による取引のクロスボーダー案件や海外クライアントから受注する案件が多い点が特徴です。また大手コンサルファームの多くが外資系のため、英語環境で働く可能性が高く、TOEIC700点以上に相当する英語力が求められるケースも目立ちます。 参考:コンサルタントの仕事内容とは|業界・職種別に必要な能力や仕事の進め方/ANTELOPE 分析に携わる仕事に求められる知識やスキル 分析に携わる仕事では、英語環境に問わず以下のような知識やスキルが求められます。 論理的な思考 データを整理するスキル データアナリストのスキル AIに関する知見やスキル ビッグデータ解析に関する知見やスキル 分析系の求人に求められるスキル①:論理的な思考 ロジカルシンキングとも呼ばれる論理的な思考は、データ分析を客観的に進める上で不可欠なスキルです。説得力のある結論を導き出すためには、根拠ある分析が求められます。論理的な思考が備わっていなければ、複雑に絡み合う問題を整理して分析することができません。 クライアントの要望を加味しながら調整する柔軟性を兼ね備える必要もありますが、基盤として重要なのは論理的な思考能力です。相手と共通の物差しを持ち、共通の道筋を作っていくことも必要です。 参考:データ分析を仕事にするとは!?その内容と仕事にするまでの道のり/ESTYLE 分析系の求人に求められるスキル②:データを整理するスキル 分析に使うデータの種類は膨大で、単純に情報だけを羅列していては要点がまとまりません。そのため、クライアントや担当者がわかりやすいようにデータを噛み砕いて説明するスキルも必要です。 業務改善などの目的に役立つ情報を抽出・整理して提示する能力に秀でた人ほど、優秀な分析者として評価されやすいです。プロに対してだけでなく、素人でも理解できるようなデータ整理が求められます。 分析系の求人に求められるスキル③:データアナリストのスキル データアナリストとは、構築されたデータベースから抽出した情報を分析して、システム構築・改善やコンサルティングを行う仕事です。データアナリストはデータ分析のスペシャリストであり、高度な分析能力と論理的思考力が必要な仕事である点から、データアナリストのスキルを持つ人はあらゆる業界から重宝されます。 さらに英語力が備わっていれば、英語の情報を分析することができるのでさらに需要は高まります。このスキルを持っていれば、好条件で働ける可能性が高いです。 参考:データアナリストとデータサイエンティストの違い【スキルや役割、仕事内容の違いを解説】/AXIS 分析系の求人に求められるスキル④:AIに関する知見やスキル 膨大なデータの中から、クライアントにとって有益な情報だけを抽出する技術を「データマイニング」と言います。データマイニングは、統計学やAIのアルゴリズムを活用することで成り立つ技術です。 そのため、データ分析に関わる仕事ではAIに関する知見やスキルを持っていることは、データ分析をより効率的に行える人材として優遇されます。AIエンジニアとして働くこともでき、就職の幅を広げることができるでしょう。 参考:AIを使ってデータ分析を行う「データマイニング」の手法とは?/AI Smiley 分析系の求人に求められるスキル⑤:ビッグデータ解析に関する知見やスキル 近年のデータ分析で重要性を増しているものが、ビッグデータ解析の知見・スキルです。ビッグデータを解析することでトレンドを逃さずにビジネスモデルを構築したり、将来のリスクに備えたマネジメントを行ったりしやすくなります。 中小企業から大企業まで幅広い業種の企業がビッグデータ解析に力を注いでいるため、ビッグデータ解析に関する知見やスキルがあれば、働ける企業の幅が広がるでしょう。特に最先端の商品やデータを扱っている企業では、需要はさらに高まります。 参考:ビッグデータとは?5つの活用事例と知っておきたいメリット・注意点/Priv Lab 英語環境が整った分析に携わる求人を探す方法 英語環境での分析の仕事に興味がある人は、求人メディアを使って仕事探しを行ないましょう。求人探しには求人メディア以外にもさまざまな方法がありますが、ある程度の希望の職種が決まっている場合は、求人メディアで気になるワードを使って求人検索をすると希望の仕事を見つけやすくなります。 しかし、日本国内の求人メディアの数は非常に多く、どの求人メディアを使うべきか迷ってしまいますよね。そこでおすすめなのが、専門性の高い求人メディアを選ぶことです。一般的な求人メディアは業種や職種が多く、「英語環境での分析の仕事」というピンポイントの求人探しには向いていません。 特におすすめの求人メディアは、以下の2つです。 英語環境×分析の求人探しにおすすめの求人メディア①:GitTap 英語環境×分析の求人探しにおすすめの求人メディア②:G Talent 英語環境×分析の求人探しにおすすめの求人メディア①:GitTap 英語環境における分析に携わる求人を自分の力だけで探したい方には、求人メディア『GitTap』がおすすめです。求人メディアGitTapはIT人材特化型の求人メディアのため、分析に関連する仕事を行えるエンジニア・デザイナー・CTOといった仕事を日本全国から見つけることができます。 グローバル企業しか集まっていない求人メディアのため、英語環境で働けるのも魅力の一つです。求人メディアのGitTapに登録するだけで、英語力を活かして働ける英語環境の職場が見つかります。完全無料でご利用いただけ、気になる求人に応募したり企業からのスカウトを受け取ったりなど、さまざまな使い方が可能です。 GitTap登録はこちら 英語環境×分析の求人探しにおすすめの求人メディア②:G Talent 自分だけで仕事探しをするのが不安な人や日本で働きたい外国人の人などは、転職エージェントである求人メディアの『G Talent』を利用しましょう。G Talentは、求人探しだけでなくスキル分析やキャリア設計、書類選考や面接の対策などさまざまなサポートを行う求人メディアです。 外国人にはビザ取得や日本語学習のサポートも行っているので、日本で安心して働くことができます。グローバル企業に特化した求人メディアなので、英語環境の企業を積極的に紹介してくれます。 ▼求人メディアG Talentの公式HPはこちら! 英語を活かせる分析に携わる仕事に取り組んでみよう 英語力を活かせる英語環境での仕事を探している方には、データ分析に携わる仕事がおすすめです。分析に必要な最先端の情報は英語で発信されるケースが多く、分析に関連する企業は海外・外国人とやり取りする機会も多いため、英語環境で働くのが得意な人材は重宝されています。 分析に関する英語環境での求人情報をお探しの場合は、専門性の高い求人メディアを選びましょう。特にグローバル求人に特化した求人メディア『GitTap』では、優秀なIT人材にふさわしい魅力的な求人を多数ご用意しいます。登録後にプロフィールを充実させるだけで企業からのスカウトが届く場合もあるので、積極的に求人メディアを利用しましょう。The post 英語環境が整っている分析に携わる仕事5選|おすすめ求人メディアも紹介 first appeared on GitTap BLOG.

2023/2/12

求職者向け

帰国子女が日本の仕事に就くのは難しい?おすすめの職業や相談先とは

帰国子女が日本の仕事に就くのは、難しいと考える人は多いのではないでしょうか。帰国子女の中には、「日本語が得意ではない」「日本の文化に馴染めない」などの理由から、日本の企業に馴染めるか不安を抱える人も少なくありません。 しかし日本には、帰国子女に向いている企業や仕事もあります。帰国子女の職業相談などを積極的に行う団体もあるので、そのような相談先を利用しながら自分に合った仕事先を見つけましょう。 今回は、帰国子女におすすめの職業や、仕事探しに利用できる相談窓口などを詳しく解説します。帰国子女が得意とする英語を使った仕事探しには、グローバル企業に特化した求人サイトの『GitTap』がおすすめです。 GitTap登録はこちら 帰国子女が日本の仕事に就くのが難しい理由とは? 帰国子女が日本の企業で働くのが難しい理由として、以下の4点が挙げられます。 日本語が不自由だと誤解されやすいから 文化や価値観が異なるから 人事評価制度が異なるから すべての帰国子女が英語堪能とは限らないから それぞれの理由を詳しく解説します。 日本での就職が難しい理由①:日本語が不自由だと誤解されやすいから 子供の頃から海外での生活が長い帰国子女は、小さな頃から外国語の環境で育ったため日本語が不得意と思われがちです。日本語には曖昧な表現や敬語など多くの独特な表現があるため、日本語が得意でなければ日本でのビジネスシーンで活躍することは簡単ではありません。 参考:“日本語苦手”と思われる帰国子女の苦悩/PRESIDENT Online ストレートな表現・言い方が社風に合わない、敬語が使えない人を採用したくないといった理由から、日本語が不自由な帰国子女は日系企業に敬遠されがちです。しかし、帰国子女の中には日本語学校などに通い日本語をネイティブレベルで話せる人もいるでしょう。そのような人は、書類選考や面接時に日本語が得意であることをアピールすることが重要です。前もって必要な日本語レベルを企業に尋ね、自分の日本語力がふさわしいか相談することもおすすめです。 日本での就職が難しい理由②:文化や価値観が異なるから 一般論として、日本の企業は協調性を重んじているケースが多く見られます。しかし、日本以外の多くの国は、文化として協調性よりも自主性を大切に考えている傾向が強いです。そのため、日本以外で育った帰国子女に対して「自分の意見を押し通す人が多い」などのパブリックイメージを持つ人も多く、日本での就職が難しいと言えます。 参考:帰国子女から見たニッポン 異端が異端でなくなる日は来るか/GLOBE 日本での就職が難しい理由③:人事評価制度が異なるから 日本以外の企業では、年齢や実績ではなく営業成績などの実力を評価する傾向にあります。一方、日本企業では年功序列の文化があり、どれだけ実力を持っていても若くして昇進や昇給することは簡単ではありません。そのため、下積みが当たり前である日本企業とは価値観の相違が生じ、働くのが難しいと感じることもあります。 日本企業とは異なる制度を持つグローバル企業の特徴は、こちらの記事を参考にしてください。 グローバル企業で働きたい!働くメリットや必要なスキルとは? 日本での就職が難しい理由④:すべての帰国子女が英語堪能とは限らないから 日本企業は帰国子女の英語力に期待しがちですが、実際の英語力は人それぞれです。そのため、「帰国子女優遇」などの求人があっても、英語力が低いと採用されるのが難しいかもしれません。反対に英語力があればストロングポイントになるので、積極的にアピールしましょう。 帰国子女が日本の仕事を探すポイント 帰国子女が日本の仕事を探す際は、以下のポイントを意識しましょう。 帰国子女の受け入れ経験がある企業や業界を選ぶ 海外で積んだ経験を何に活かしたいか考える 帰国子女の就職をサポートしている企業を活用する 帰国子女が仕事を探すポイント①:帰国子女の受け入れ経験がある企業や業界を選ぶ 過去に帰国子女を雇ったことのある企業や業界で働くと、帰国子女への扱いが慣れているためカルチャーギャップを感じることが少ないでしょう。帰国子女だけでなく、多国籍の人材が働いている企業や業界もおすすめです。 特に外資系の企業やベンチャー企業などのグローバル色の強い企業は多種多様な人材が働いているため、文化や価値観などの違いを感じず、円滑なコミュニケーションをとりながら働くことができます。 参考:帰国子女におすすめな仕事。帰国子女が使えないと思われる原因/20代の進路相談 帰国子女が仕事を探すポイント②:海外で積んだ経験を何に活かしたいか考える たとえ英語が堪能でなくても、海外という異文化で暮らしたことのある経験は帰国子女の大きな強みです。海外で積んだ経験をどのような仕事に活かしたいのかを考え、思い浮かんだ業界や企業にチャレンジしましょう。 海外滞在中に語学以外のことを学んだ人も多いはずです。接客業などのアルバイト経験やIT業界で得たプログラミングなどの知識などがあれば、日本国内のグローバル企業でも活用できます。 参考:帰国子女はどう生きるべきか。帰国子女の将来について語ります。 帰国子女のどんな経験が役立つかわからない場合は、周りの帰国子女仲間に相談してみるのもおすすめです。ほかの人の仕事を参考に、自分のキャリアについて深く考えてみましょう。 帰国子女が仕事を探すポイント③:帰国子女の就職をサポートしている企業を活用する 帰国子女の就職をサポートする企業も多くあります。たとえば一般社団法人 日本在外企業協会の調査によると、帰国子女を積極的に採用している企業のうち15%が社内に相談担当窓口があり、52%が相談窓口を外部にアウトソーシングしています。 参考:帰国子女の積極的な採用を希望する企業の割合が増加/キャリアの広場 このような企業ならば、日本企業が持つ帰国子女への偏見がほとんどなく、入社後も円満に働ける可能性が高いです。帰国子女ならではの言葉や文化の違いに困っても、社内や外部にある相談窓口を利用できるので安心しながら働けるでしょう。 帰国子女が就きやすい日本の仕事5選 帰国子女が就きやすい日本の仕事には、以下の5つが挙げられます。 通訳・翻訳家 スクールカウンセラー 受付やフロントスタッフ 販売スタッフ IT業界 それぞれの仕事内容を詳しく見てみましょう。 日本で就職しやすい仕事①:通訳・翻訳家 英語力が堪能な帰国子女におすすめの仕事は、英語力を活かすことができる通訳・翻訳家です。一般企業の通訳・翻訳家の主な仕事内容は、海外企業と取引をする際に担当者の通訳を務めたり、英語または日本語の書類を和訳・英訳したりといったものです。 グローバル企業などの海外と取引をしている企業は、通訳・翻訳家を必要としている可能性が高いです。ネイティブレベルの英語を話せる帰国子女の人は、採用される確率があがるでしょう。 参考:英語を使う仕事に就きたい人が明確にすべき4つのポイントを解説!失敗しないポイントも紹介/Bizmates Blog 日本で就職しやすい仕事②:スクールカウンセラー 学校に勤務して、生徒や保護者、教職員とコミュニケーションを取りながら相談や問題解決を行う仕事です。インターナショナルスクールや外国語学科がある学校では日本人以外の教職員が働いていることが多いため、英語力や海外の人とのコミュニケーション力発揮できます。 学校だけでなく英会話教室で働くと、スクール運営に携わったりカリキュラムの説明を行ったりする働き方もできます。教師になるには資格が必要な場合も多いですが、スクールカウンセラーは基本的に資格が不要なのもおすすめできるポイントの一つです。 日本で就職しやすい仕事③:受付やフロントスタッフ 企業や複合施設などの受付や、ホテルなどのフロントスタッフとして働く仕事です。新型コロナウイルスによる入国制限が緩和されたことや、円安の影響によって再びインバウンドが増えてきました。そのため、顧客からの相談やクレームに流注に対応できる日常会話以上の英語力を持つ帰国子女は、企業からの需要が高いです。 参考:円安を背景に、外国人観光客増加に向けた更なる水際対策緩和。採用力強化で顧客増加への体制を/dip 接客業のため、過去にアルバイトなどで接客の経験のある人には特に向いています。海外での接客経験があれば、さらにアピールポイントになるでしょう。 日本で就職しやすい仕事④:販売スタッフ 受付やフロントスタッフと同様の理由で、販売スタッフの仕事も帰国子女の需要が高い状態です。特に外国人人気の高い家電製品やアパレル、医薬品、化粧品などの店舗では、英語が話せる人材が求められます。 外国人顧客の対応だけでなく海外の本社・支社と日本支社をつなぐ通訳としても活躍することもあります。近年では、コールセンターのスタッフとして、顧客の相談やクレーム対応を行うテクニカルサポートを行う仕事の需要も高いです。 日本で就職しやすい仕事⑤:IT業界 近年需要が高くなっているIT業界にはグローバル企業が多く、海外生活の経験のある帰国子女を多く採用する傾向があります。 特に、AIやビッグデータといった最先端のITにおいて、日本は海外よりも出遅れている状況です。そのため、海外で培ったITの経験を見込んで帰国子女を採用する企業が多く、エンジニアやプログラマーの知識・実績を持つ人にとって狙い目となります。 IT業界が未経験の人でも、ITサポートなどIT業界に携われる仕事はあります。ますます需要が高くなることが見込めるため、今のうちからチャレンジするのもおすすめです。 IT業界の仕事探しには、グローバル企業専門求人サイトの『GitTap』を利用しましょう。グローバル環境で働けるさまざまな職種の仕事を見つけることができます。 日本の仕事先について帰国子女が相談できる場所 帰国子女の人が日本で働く際、仕事先や働き方について悩むこともあるかもしれません。日本には、そのような相談を解決してくれる場所がいくつかあるので、帰国子女でも安心して日本で働くことができます。帰国子女ならではの相談事に対しても、何らかの解決方法が得られるはずです。 帰国子女の相談先におすすめな場所以下の4つです。 帰国子女の仕事におすすめの相談場所①:ハローワーク 帰国子女の仕事におすすめの相談場所②:地域若者サポートステーション 帰国子女の仕事におすすめの相談場所③:ジョブカフェ 帰国子女の仕事におすすめの相談場所④:転職エージェント 帰国子女の仕事におすすめの相談場所①:ハローワーク 厚生労働省主導で運営しているハローワークでは、仕事を探すだけでなく応募書類の相談や面接対策など就職活動に対するさまざまな相談&サポートを行っています。特に日本で初めて働くという帰国子女の人は、日本の企業の特徴や価値観を知るためにもハローワークに相談してみましょう。帰国子女に合った仕事を紹介してくれるかもしれません。 ▼ハローワークへの相談はこちらから 帰国子女の仕事におすすめの相談場所②:地域若者サポートステーション 15~49歳までの仕事をしていない人を対象とした、無料の就労支援サービスです。働くことに不安を持っている人は、向いている仕事やコミュニケーションの方法などさまざまな相談をすることができます。仕事をするのに何を始めれば良いかわからない人も、気軽に相談することができます。 令和3年度のデータでは47万件以上の総利用件数があり、就職率は68.8%と高い数値を出しています。全国177ヶ所にある厚生労働省主導の信頼できるサービスなので、対象の年齢の方は一度相談してみましょう。 ▼地域若者サポートステーションへの相談はこちらから 帰国子女の仕事におすすめの相談場所③:ジョブカフェ 厚生労働省が主導し、都道府県が主体的に設置する就職支援施設です。地域の特色を活かした就職セミナーや職場体験、相談&カウンセリング、職業相談・職業紹介などが無料で行われています。カフェ感覚で行けますので、気軽に相談したい人におすすめです。 ▼ジョブカフェへの相談はこちらから 帰国子女の仕事におすすめの相談場所④:転職エージェント 転職エージェントとは、仕事探しだけではなく、自分に合った仕事や面接対策などさまざまな相談をすることができる仕事仲介サービスです。利用者の相談に乗りながら、企業の希望とそれにあった人材をマッチしてくれるので、入社後のギャップが少ない可能性が高いのがメリットの一つです。 転職エージェントにとっては入社後のサポート&相談制度が整っているところもあるため、条件や雰囲気が合わない場合は気軽に相談することもできます。帰国子女であることを相談すれば、帰国子女にあった企業のみを紹介してもらうことも可能です。 日本での就職に悩んでいる帰国子女におすすめの求人メディア 上記で紹介した4つの相談場所は、帰国子女だけでなく就職に悩むすべての人を対象としています。帰国子女ならではの就職先を見つけたい人は、以下の求人メディアの利用がおすすめです。 グローバル×IT求人に特化した求人サイト「GitTap」 外国人求職者専用の転職エージェント「G Talent」 自身に合ったタイプの求人メディアに相談しましょう。 グローバル×IT求人に特化した求人サイト「GitTap」 「GitTap」は、IT業界のグローバル企業に特化した求人サイトです。多種多様の人材が働いているグローバル企業が集まっているため、帰国子女でもカルチャーギャップを感じず働ける企業を見つけやすいのが特徴です。GitTapには帰国子女が働きやすい環境・業種の求人情報だけが掲載されているため、スムーズに就職先を見つけられるでしょう。 GitTapに掲載されているのは「英語が使える求人」や「多国籍なメンバーが働いている求人」が中心になります。特にエンジニア、デザイナー、CTOなどの求人が多く、帰国子女が働きやすいグローバル企業への就職を目指すことが可能です。 ▼GitTapの公式HPはこちら 外国人求職者専用の転職エージェント「G Talent」 外国人や帰国子女に特化した転職エージェントをお探しなら、「G Talent」がおすすめです。GitTapが帰国子女向きのグローバル企業が集まった求人サイトに対し、G Talentは帰国子女向きのグローバル企業が集まった転職エージェントです。仕事探しだけでなく、仕事の仕方や職探しの悩みも相談できます。 G Talentでは、国境を越えたIT人材が日本企業で活躍できるサポートを行なっており、200社以上の採用支援・70ヶ国籍以上のエンジニアの転職支援を行ってきた実績があります。ビジネス特化型で日本語学習のサポートも行っているため、日本語で仕事ができるか心配している方はまずはご相談ください。 ▼G Talentの公式HPはこちら 帰国子女でも日本の仕事場で活躍できる! 帰国子女はいくつかの理由で日本の企業では働きずらいと感じがちです、しかし、帰国子女としての特長を活かせる職場や業種を選ぶことで、日本でも十分な戦力として活躍できます。特にIT業界は海外経験を持つ人材を求めていますので、語学力以外の知識・経験を仕事に活かすことも可能です。就職先や仕事のやり方などに悩んだら、相談できる場所も利用しましょう。 日本での就職・転職にお悩みの場合、自分に合うグローバル企業を探したい人は『GitTap』、企業探しから就職・言語サポートを受けたい人は『G Talen』にご相談ください。多くの就職・転職支援を通じて得たノウハウとコネクションを最大限に活かし、グローバル企業への就職・転職をバックアップします。 GitTap登録はこちらThe post 帰国子女が日本の仕事に就くのは難しい?おすすめの職業や相談先とは first appeared on GitTap BLOG.

2023/2/7

求職者向け

グローバル企業でデータ分析をするには?求人メディアの選び方も紹介

データ分析とは、AIエンジニアやデータサイエンティストに代表される、ビッグデータなどを処理・分析して提案する仕事です。この記事では、グローバル企業で活躍するデータ分析関連の主な職種や、データ分析関連職に就いて活躍しやすい企業の特徴、求められる知識・スキルな、仕事探しにおすすめな求人メディアについて解説していきます。 IT業界でグローバルなデータ分析の仕事に関わりたい人は、ぜひ参考にしてください。データ分析を含めたIT業界の仕事探しには、グローバル企業に特化した求人メディアの『GitTap』がおすすめです。一般的な求人メディアとは違い、専門性の高い仕事を効率的に探すことができます。 GitTap登録はこちら データ分析関連の仕事とは データ分析関連の仕事とは、与えられたまたは収集したデータを処理・分析し、その結果にもとづいてビジネスの意思決定やサービス提供を支援するものです。一口にデータ分析と言ってもその種類はさまざまで、データサイエンティストとしてデータの分析を専門にする人もいれば、マーケティングリサーチャーとして市場調査を専門的に行う人もいます。 近年では、多くの企業がビッグデータを活用したマーケティングを実施しているため、データ分析の仕事は将来性が高い職種の一つです。実際に求人メディアでの掲載も増えており、今後ますます需要が高まる仕事になると言えるでしょう。 参考:データ分析を仕事にするとは!?その内容と仕事にするまでの道のり/ESTYLE データ分析の仕事がグローバル環境で求められる理由 日本のデータ分析は、海外よりも遅れている傾向にあります。データ分析を行うグローバル企業Splunk社の調査によると、データ活用の国別分析において、オーストラリア、中国、フランス、ドイツ、日本、イギリス、アメリカの中で日本は最下位であることがわかりました。 参考:データ活用の国別分析で日本は最下位、その原因は?――、Splunkが調査報告を発表/クラウドWatch 理由として、分析スキルの不足や最高データ責任者の不在、データ分析に対する予算の低さなどが挙げられています。そのため、日本の企業よりもグローバル企業の方がデータ分析の需要が高いのです。 つまり、求人数も日本の企業よりもグローバル企業の方が多いことが推測されます。データ分析の仕事を探すには、グローバル企業が豊富な求人メディアやグローバル環境に特化した求人メディア、グローバル人材を多く採用している求人メディアがおすすめです。 グローバル企業で活躍するデータ分析関連の主な職種 グローバル企業で活躍できるデータ分析関連の主な職種は、以下の5つです。 AIエンジニア データアナリスト データエンジニア データサイエンティスト マーケティングリサーチャー 一口にデータ分析の仕事と言ってもそれぞれ特徴や仕事内容は異なります。職種ごとの詳しい内容を見ていきましょう。 求人メディアの『GitTap』には、データ分析関連の求人が30件以上登録されています。需要の高まりを考えると、将来的に求人数はもっと増加する可能性が高いです。 グローバル企業でのデータ分析の仕事①|AIエンジニア AIに関する研究や開発を行う仕事です。機械学習から深層学習まで研究内容は幅広く、AIを活用したサービスや商品の開発を手掛ける場合もあります。 AIエンジニアはIT企業やSlerに在籍する場合が多く、前者は顧客からの注文に沿って開発を行い、後者は企業の課題を解決させるAI技術の活用法を提案するのが一般的です。 参考:データ分析を仕事にする14職種を一挙公開!必要なスキルやキャリアパス、将来性を解説/AI drops グローバル企業でのデータ分析の仕事②|データアナリスト 主に統計学を用いたデータ解析を行う仕事です。集計したデータから法則性を見つけて予測モデルを作成したり、施策を提案したりするなどの仕事を行います。 データアナリストは「技術者」と「コンサルタント」に分類され、ビジネスだけでなく政治や教育、医療、スポーツといったさまざまな分野での活躍が可能です。データ分析の結果から課題解決の具体的な提案を行うタイプと、データの分析結果をシステムの改善や構築に活かすタイプに分かれます。 グローバル企業でのデータ分析の仕事③|データエンジニア AIエンジニアと連携して、出力したデータの処理を担当する仕事です。求人メディアの『GitTap』では、データ分析の仕事においてデータエンジニアの求人が一番多く掲載されています。 提示された情報を解析するだけでなく、企業の課題解決や発展のためにどのようなデータが必要なのか、逆算的に見つけて提示することもあります。結果的に、AIエンジニアとは双方向的にコミュニケーションをとる機会が多くなるでしょう。 参考:データ分析を仕事にするとは!?その内容と仕事にするまでの道のり/ESTYLE グローバル企業でのデータ分析の仕事④|データサイエンティスト ビッグデータなどによる多種多彩なデータを処理・分析するだけでなく、データをかけ合わせたり、別視点からの分析を行ったりする専門家です。データアナリスト以上に高度な知識・技術や豊かな発想力が求められます。自動車業界をはじめ、あらゆる製造業・サービス業で重宝されている職業です。 参考:データ分析を仕事にしたいけど、どんな仕事があるの?/まなべくとる グローバル企業でのデータ分析の仕事⑤|マーケティングリサーチャー マーケティングリサーチのスペシャリストとして活躍する仕事です。市場調査を行ったうえで結果を分析し、マーケティングに役立つ情報を企業に還元します。良く似た職業に「マーケター」がありますが、マーケティングリサーチャーはよりデータ分析に関わる時間が長く、情報処理を得意とする人に向いています。 データ分析関連の仕事ができるのは、どんなグローバル企業? データ分析関連の仕事ができるグローバル企業は、主に以下の4種類です。 IT企業 データ分析の専門企業 大手企業 研究機関 それぞれの就職先で、どのような働き方をするケースが多いのか見ていきましょう。 データ分析ができるグローバル企業①|IT企業 就職先として特に多いのは、IT企業です。特にEコマースを中心とするWebサービス業界では、顧客データの解析や市場動向の分析がマーケティングの柱となっています。膨大な収集・解析したり、整理したりすることによって、企業の売上アップや市場ニーズの高い商品・サービス開発を行います。 参考:Webサイトのデータ分析とは?抑えておくべき手法と無料ツールも解説/Yellowfin データ分析ができるグローバル企業②|データ分析の専門企業 Eコマースの発展により、データ分析を専門とする企業も増えてきました。「クロス集計」や「クラスター分析」などの分析手法を活かしながらビッグデータを分析し、企業に向けて情報提供を行っています。ビッグデータは、飲食業から小売業まで幅広い分野で活用されつつあるので、今後も高い需要を見込めるでしょう。 参考:ビッグデータの有名企業を紹介!ビッグデータの活用事例は?ビッグデータ分析企業に転職したい方必見/Geekly Media データ分析ができるグローバル企業③|大手企業 現代は幅広い業種でデータ分析が重視されているため、IT企業や専門企業以外の大手企業のデータ解析部門に就職する方法もあります。中小企業ではデータを購入するのが一般的ですが、予算のある大手企業ではデータ分析専門のスタッフを採用するケースも増えています。 データ分析ができるグローバル企業④|研究機関 民間の研究施設や医療機関などに在籍し、調査や分析を行う仕事もあります。データを活かしたた仮説を立てて研究や実験に役立てたり、その結果を論文にまとめたりするなどの仕事をが一般的です。研究機関で実績を積んでいき、データサイエンティストとして一般企業に転職したり、独立したりするケースも見られます。 参考:データ分析を仕事にする14職種を一挙公開!必要なスキルやキャリアパス、将来性を解説/AI drops データ分析関連の仕事に求められる知識・スキル データ分析関連の仕事に求められる知識・スキルは、以下の7点が挙げられます。 ロジカルシンキング(論理的な思考) 情報整理能力 AI・ビッグデータ解析に関する知識 統計学・数学知識 プログラミング知識 マーケティング知識 データ分析関連職への就職・転職に興味がある人は、上記の知識やスキルを身につけましょう。 ロジカルシンキング(論理的な思考) データを分析するためには論理的な思考力が不可欠であり、客観的に物事を判断できる人材が求められます。一方で、クライアントの要望に応じて対応を微調整する柔軟性も必要です。ロジカルシンキングをしつつ、多数の選択肢を生み出せる機転が利く人物がデータ分析の仕事に向いています。 参考:データ分析を仕事にするとは!?その内容と仕事にするまでの道のり/ESTYLE 情報整理能力 データ分析ではあらゆるデータを収集・解析しますが、情報が膨大すぎると要点がまとまらず、クライアントを混乱させてしまいがちです。そのため、高い情報処理能力を持つ人物もデータ分析の仕事に向いています。クライアントが求める情報や、業務改善などに役立てられる情報だけを抽出し、わかりやすくまとめられる能力が必要です。 AI・ビッグデータ解析に関する知識 近年のデータ分析で特に重んじられているのがAI・ビッグデータの解析です。AIやビッグデータは、大企業から中小企業まであらゆる企業が活用を望んでいます。AIエンジニアからコンサルタントまでデータ分析に携わる職業では、AI・ビッグデータに詳しい人ほど重宝されやすい状況と言えるでしょう。 統計学・数学知識 統計学や数学の知識を持つ人も、データ分析の担当者として採用されています。特にデータサイエンティストの場合、データの処理能力に加えて統計学に精通した人材が好まれる傾向にあり、統計学・数学に強い人ほど就職・転職しやすいでしょう。理数系の大学や学部を卒業した人も、IT企業やデータ分析を専門とする企業から需要が高いです。 参考:データ分析を仕事にする方法・就職先・スキル・転職方法・キャリアパス/AI drops プログラミング知識 プログラマーやシステムエンジニアからデータ分析関連の仕事へと転職する人もいます。データ分析の仕事で「Python」や「SQL」などのコードを使うケースがあり、プログラミングの知識を持つ人材は就職・転職に有利な状況だからです。ただし、あくまでも仕事内容はデータ分析のため、数学や統計学、AI・ビッグデータ解析といった能力が一定以上備わっていない場合、簡単には就職・転職できないでしょう。 マーケティング知識 特にIT企業やコンサルティング会社に転職する場合は、データ分析の能力に加えてマーケティング知識が求められます。なぜなら企業やビジネスそのものへの改善点を示すために、一定のマーケティング知識が必要になるからです。就職や転職でスムーズにデータ分析関連職に就けなかった場合は、まずマーケティング関連の仕事で実績を重ねて、将来的にデータ分析の仕事へと再チャレンジしても良いでしょう。 グローバルなデータ分析関連の仕事は専門の求人メディアで探そう 先述の通り、データ分析において日本は遅れており、データ分析の仕事にはグローバル企業で働くのがおすすめです。多くのグローバル企業はデータ分析に関する一定のノウハウを備えているため、未経験でも十分なトレーニングを受けることができるでしょう。 しかし、そのようなピンポイントの求人は一般的な求人メディアではなかなか見つけることができません。一般的な求人メディアは、日系企業・グローバル企業問わず、さまざまな仕事が集まっているからです。業種が職種が絞られている場合は、専門性の高い求人メディアを利用する方が効率的です。 ここからは、データ分析ができるグローバル企業の求人探しにおすすめな2つの求人メディアを紹介します。 データ分析×グローバルにおすすめの求人メディア①:GitTap データ分析×グローバルにおすすめの求人メディア②:G Talent データ分析×グローバルにおすすめの求人メディア①:GitTap グローバル企業へのデータ分析関連の仕事は、専門の求人メディアを使って探しましょう。『GitTap』はグローバル×IT求人に特化した求人メディアです。日本をはじめ、インドやフィリピン、中国などさまざまな国籍のユーザーが登録しており、さまざまな求人情報から仕事を見つけています。魅力的なデータ分析関連職をお探しならば、ぜひ求人メディアのGitTapにご注目ください。 GitTap登録はこちら データ分析×グローバルにおすすめの求人メディア②:G Talent 自分だけで仕事探しをするのが不安な人や日本で働きたい外国人の人などは、転職エージェントである求人メディアの『G Talent』がおすすめです。G Talentでは、求人探しだけでなくスキル分析やキャリア設計、書類選考や面接の対策などさまざまなサポートを行う求人メディアです。 外国人にはビザ取得や日本語学習のサポートも行っているので、日本で安心して働くことができます。グローバル企業に特化した求人メディアなので、需要の多いデータ分析の仕事が探しやすいでしょう。 ▼G Talentの公式HPはこちら! グローバル企業のデータ分析は将来性◎仕事探しは専門の求人メディアで! グローバル企業におけるデータ分析関連の仕事は、AIエンジニアからマーケティングリサーチャーまで幅広く存在します。就職先・転職先も多く、IT企業・専門企業から大手企業、そして研究機関への就職・転職も見込めるでしょう。本記事でデータ分析関連の仕事に求められる知識・スキルをお持ちの方は、グローバル企業でデータ分析の仕事を探してみてはいかがでしょうか。 『GitTap』は一般的な求人メディアと違い、グローバル×IT求人に特化した専門の求人メディアです。大手から中小企業、そして新進気鋭のベンチャー企業まで、あらゆるグローバル企業からの求人を掲載しています。データ分析に関連する仕事はもちろん、英語力を生かして働ける仕事や、多国籍なメンバーが働いている仕事を見つけたい方は、ぜひ完全無料の求人メディアGitTapにご登録ください。The post グローバル企業でデータ分析をするには?求人メディアの選び方も紹介 first appeared on GitTap BLOG.

2023/2/2

求職者向け

帰国子女におすすめの仕事・求人とは?探す際の3つの注意点も紹介

帰国子女の経歴は特別なものですが、選ぶ職業によってはそのスキルを100%生かせません。帰国子女ならではの英語力やコミュニケーション能力を活かすには、おすすめの仕事があるのです。自分の力を発揮できる仕事に就くことで、将来的にキャリアアップに繋がりやすくなります。 この記事では、帰国子女におすすめの9種類の仕事について、内容や注意点などを解説していきます。 英語力を活かせるグローバル企業での就職・転職を考えている人は、求人サイト『GitTap』がおすすめです。IT業界に特化した求人が集まっているため、英語力だけでなくITスキルを活かすこともできます。 GitTap登録はこちら 企業が帰国子女に求めていることは「語学力」と「グローバルマインド」 帰国子女とは、総務省統計局によって以下のように定義されています。 <帰国子女の定義> 海外勤務者等の子女で、引続き1年を超える期間海外に在留し、年度間(4月1日から3月31日)に帰国した児童・生徒 引用:帰国児童・生徒数及び外国人児童・生徒数/総務省統計局 定義としてはこのように定められている帰国子女ですが、企業や人によって考え方はさまざまです。一般的には、以下の能力が備わった人物が帰国子女と考えられるケースが多いです。 <帰国子女の広い定義の例> 日常会話の通訳ができる英会話力を持った人物 グローバルマインドを持つ人物 参考:帰国子女だから日本での転職・就職が不安!そんな人に覚えておいてほしい4つのポイント/チャイカプ~タイ就職・タイで働く~ これらの点から、一般的に帰国子女とは、「1年以上海外に在留し日常会話以上の英語力がある高卒以上の人物」だと考えられています。 多くの企業が帰国子女に求めているのは、「語学力」と「グローバルマインド」です。近年、グローバル企業だけでなくさまざまな企業が海外進出をはかっています。そのような企業にとって、海外生活の経験のある帰国子女は高い戦力になるのです。 帰国子女が語学力を生かせる求人の種類 帰国子女が語学力を生かせる仕事の種類は、以下の2パターンに分かれます。 <帰国子女が語学力を生かせる仕事の種類> 語学力と経験が求められる仕事 語学力と資格が求められる仕事 それぞれどのような仕事があるのかを見ていきましょう。 語学力を活かせられるグローバル企業の求人を探すには、グローバル環境求人が見つかる『GitTap』がおすすめです。 語学力と経験が求められる仕事 資格取得の必要はないものの、語学力に加えてその他の経験やスキルが求められる仕事です。たとえば海外にクライアントを持つIT企業の場合、語学力+プログラミングなどのITスキルを持つ人物を求めています。 ただし、すべての企業が経験を必須としているわけではありません。なかには未経験でも語学力があれば、求人を募集している企業もあります。 語学力と資格が求められる仕事 語学力のほか、何らかの資格が必要となる仕事です。たとえば日本の学校で英語教師として働く場合は教員免許が必須になります。 資格を持っていれば、より就職や転職がしやすくなるでしょう。国家資格・民間資格を持っている人は、語学力を合わせて働ける仕事の幅が広がる可能性が高いです。 帰国子女におすすめの仕事・求人 上記で分類分けした仕事のうち、特に帰国子女におすすめの仕事は以下の9つです。 <帰国子女におすすめの仕事・求人> 英語講師 英語教師 通訳者・翻訳者 ホテルフロントスタッフ 営業・コンサルタント パラリーガル エンジニア プログラマー ITサポート それぞれの仕事について、仕事内容やどれくらいの収入が見込めるのかなどを解説していきます。エンジニアやITサポートの求人探しには『GitTap』を利用しましょう。 帰国子女におすすめの仕事・求人①|英語講師 主に日本人に向けて英語を教える仕事です。教員免許が必須ではないため、就職・転職のために新たな資格を取得する必要はありません。英語講師が活躍できる場所と働き方の例は、以下のとおりです。 <英語講師の職場と働き方例> 語学教室、学習塾などで1対1もしくは1対多数の講師として働く 英語の家庭教師としてマンツーマンで英語を教える 海外移籍などを目指すスポーツ選手などに語学指導を行う 資格取得は必須ではありませんが語学力を示す根拠として、TOEIC700点以上、英検1級以上などのスコアや資格があると採用されやすくなります。参考:英会話講師に資格はいるの?必要な資格を徹底的に解説します【元英会話講師が紹介します】 英語講師の主な雇用形態は、以下のとおりです。 <英語講師の主な雇用形態> 正社員 非正規雇用 業務委託契約 月収の目安は正社員で20~35万円前後です。経験や英語レベルによって給料は大きく変わり、インセンティブ給がある英会話教室もあります。 帰国子女におすすめの仕事・求人②|英語教師 小学校・中学校・高校などの学校で、英語の先生として働く仕事です。教師になるためには、教員資格が必要です。英語の教職課程のある大学などを等に入学して修了した後、各都道府県教育委員会に教員免許状の授与申請を行い、認められた場合に資格が手に入ります。そのため、英語講師と比べるとハードルが高いかもしれません。参考:教員免許状に関するQ&A/文部科学省 <英語教師の職場と働き方例> 小学校・中学校・高校などで英語を教える 英語で授業を進める 授業内容やカリキュラムなどを考える 2020年度から小学校でも英語が必修科目となったため、今まで以上に英語教師の需要は高まっています。主な雇用形態は、以下のとおりです。 <英語教師の雇用形態> 正社員(正規雇用) 英語教師の月収の目安は国公立か私立かによっても異なりますが、30~40万円前後となります。 帰国子女におすすめの仕事・求人③|通訳者・翻訳者 英語のスキルを生かして通訳を行ったり、英語または日本語の文章などを翻訳したりする仕事です。特にグローバル進出を目指す企業などでは、近年通訳者や翻訳者のニーズが高まっています。民間企業に勤めるだけでなく、フリーランスや副業などさまざまな働き方があります。 <通訳者・翻訳者の職場と働き方例> 民間企業等で社内外通訳を行う 各種資料の翻訳を行う Webメディア制作会社での翻訳を行う 通訳や翻訳内容の校正を行う フリーランスで通訳や翻訳の仕事を受ける 通訳者・翻訳者になるには必須ではありませんが、TOEIC700点以上、英検1級以上などの資格があると有利です。通訳に特化する場合は、「通訳案内士」の資格取得がおすすめです。参考:通訳に必要な資格とは?通訳者にとって本当に大切なスキルを解説/OCiETe通訳 <通訳者・翻訳者の雇用形態> 正社員 非正規雇用 業務委託契約 通訳・翻訳の就職先や働き方は幅広く、月収は25~34万円前後が相場になります。 帰国子女におすすめの仕事・求人④|ホテルフロントスタッフ ホテルのフロントスタッフとして、来客対応などを行います。インバウンドが多い地域のホテルは外国人旅行客が多いため、英語での対応がメインになるシーンが多いです。 <ホテルフロントスタッフの職場と働き方例> ビジネスホテル・リゾートホテルなどのフロントで来客対応をする 宿泊客や予約者の問い合わせ対応を行う 宿泊客のチェックイン・チェックアウト業務を行う ホテルフロントスタッフにも特別な資格は必要ありませんが、英語力を示す資格としてTOEIC700点以上などのスコアがあると働きやすくなります。そのほかにも、「ホテル実務技能認定試験」や「ホテルビジネス実務検定試験」に合格していると、さらに就職や転職がしやすくなります。参考:ホテルフロントになるには?資格や勉強しておくべきこと、就職まで経験者が解説!/ジョブール <ホテルフロントスタッフの雇用形態> 正社員 非正規雇用 ホテルフロントスタッフの月収の目安は、20~25万円前後です。 帰国子女におすすめの仕事・求人⑤|営業・コンサルタント 企業の営業部として自社の商品やサービスを販売したり、コンサルタントとしてクライアントの課題を解決したりする仕事です。企業によって仕事内容はさまざまですが、社内外の多くの人と関わりコミュニケーションを取る必要があります。 帰国子女に特におすすめなのが、グローバル企業や海外とのやり取りのある企業で働くことです。帰国子女が得意とする英語力やコミュニケーション能力を活かすことができます。グローバル企業について詳しく知りたい方は、以下の記事も参考にしてください。 グローバル企業で働きたい!働くメリットや必要なスキルとは? <営業・コンサルタントの職場と働き方例> 主に外資系企業での営業・コンサルタントとして働く 営業補助を行う 外資系金融企業でコンサルタントとして働く 不動産企業で海外投資家に対応する M&A企業での海外対応を行う 必要な資格は特にありませんが、企業によっては就職の難易度は比較的高く、一定以上の学歴が求められる傾向が強いです。ただし、業界によっては取得するべき資格がある場合もあるため、気になる業界の資格を調べてみましょう。 <営業・コンサルタントの雇用形態> 正社員 非正規雇用 外資系企業の場合、日本円で60~70万円以上の月収も見込めます。 帰国子女におすすめの仕事・求人⑥|パラリーガル 弁護士などの司法に関する仕事をサポートする仕事です。アシスタント業務や事務業務などの仕事がメインです。一般的なパラリーガルには英語力はいりませんが、海外企業や海外の弁護士とやり取りする法律事務所の場合、英語力が必要です。 <パラリーガルの職場と働き方例> 法律事務所などでアシスタント業務や事務業務を行う 契約書や訴状などの文書を確認・作成する 判例や論文を調査する 裁判所などで手続き業務を行う 参考:パラリーガルとは|仕事内容・年収・将来性・やりがいまでプロが徹底解説/AG法律アカデミー 弁護士や行政書士とは違い、必須の資格はありません。ただし「パラリーガル認定資格」といった民間資格を取得することで、就職・転職がより有利になります。 <パラリーガルの雇用形態> 正社員 非正規雇用 パラリーガルの平均的な月収は25~30万円前後です。 帰国子女におすすめの仕事・求人⑦|エンジニア エンジニアとは工学に関連する専門技術やスキルを活かして働く人を指す言葉で、ITに関するさまざまな種類の技術者を意味します。記念では海外向けにハードウェアやソフトウェアを販売する企業が増えており、帰国子女であれば通訳者を介さず直接販売することも可能です。 <エンジニアの職場と働き方例> Sler系企業に就職してエンジニアとして働く 社外エンジニアとしてフリーランスで働く 海外企業との交渉の窓口として働く エンジニアに関連する資格はとても多く、業種によって求められるものが異なります。開発系ならば「基本情報技術者試験」、ネットワーク系ならば「ネットワークスペシャリスト試験」といった国家資格に合格すると就職・転職に有利です。 <エンジニアの勤務形態> 正社員 非正規雇用 業務委託契約 エンジニアの月収は30~40万円前後が相場です。エンジニアについて詳しく知りたい方は、こちらの記事もご覧ください。 【2022年版】市場で求められるITエンジニアの5つの職種 帰国子女におすすめの仕事・求人⑧|プログラマー システムエンジニアが設計した仕様書にもとづき、システムが正常に作動するようにプログラミングを行う仕事です。システムを動かすための、プログラミング用語と呼ばれる特別な言語を使って業務を行います。 <プログラマーの職場と働き方例> システム開発会社やソフトウェア開発会社に勤務する 一般企業や官公庁などに勤務する システムエンジニアの設計した仕様書にもとづいてプログラミングを行う 海外企業から届いた仕様書を翻訳する フリーランスとして国内外の企業からの依頼を受ける プログラミングには専門的な知識やスキルが必要です。なお、「PHP技術者認定試験」「Rudy技術者認定試験」「PRACLE MASTER」などの資格を取得すると就職・転職が有利になるでしょう。 <プログラマーの雇用形態> 正社員 非正規雇用 業務委託契約 プログラマーの月収は25~40万円前後と幅広く、経験やスキルによって差がつきやすい点が特徴です。プログラマーをはじめとする帰国子女におすすめなグローバル環境のIT業界で働きたい方は、こちらの記事も参考にしてください。 IT業界のグローバル企業で働くには?仕事内容や求められる人材を徹底解説! 帰国子女におすすめの仕事・求人⑨|ITサポート IT関連の製品やサービスを提供する会社に勤務して、社内IT担当者やエンジニアをサポートする仕事です。ITは日本よりも海外の方が進んでいるケースが多いため、海外の情報をキャッチしたり英語の資料を翻訳したりするのに、英語力が役立ちます。 <ITサポートの職場と働き方例> 一般企業のITやネットワーク関連部署で働く コンピュータのハードウェアやソフトウェア、システムなどのインストールを行う IT機器の使い方を担当社員に説明する 定期メンテナンスやアップグレードを計画・実施する IT機器故障時などの修理対応を行う 特に必要な資格はありませんが、IT全般の知識を持つ証明として「ITパスポート試験」に合格していると有利です。 <ITサポートの勤務形態> 正社員 非正規雇用 ITサポートの月収は、目安として28~33万円です。ITサポートについては、こちらの記事でも詳しく解説しています。 帰国子女におすすめのITサポートとは?英語の活かし方や求人サイトを解説 帰国子女が日本で仕事・求人を探す際の3つの注意点 帰国子女が日本で仕事を探す場合は、以下の3点に注意しましょう。 日本語もしっかり使える必要がある 語学力だけで採用されるのは難しい 日本人独特の考え・雰囲気を理解しておく それぞれについて詳しくご紹介します。 帰国子女が仕事で感じるメリット・デメリットについては、こちらの記事で詳しく解説しています。 https://www.gittap.jp/blog/returnee_merit_work/▲帰国子女が仕事で感じるメリット・デメリット、おすすめの仕事を解説 日本語もしっかり使える必要がある 日本の企業で働く場合ほとんどの社員は日本人のため、英語だけでなく日本語もしっかり使える必要があります。特に多くの企業では敬語を重んじるため、正しい敬語を使う能力が必要です。 社内公用語が英語の会社であっても、顧客やクライアントには日本語で対応することもあります。ほかにもさまざまなシーンで正しい日本語が求められるため、日本語も不備なく使えることが重要です。 語学力だけで採用されるのは難しい 英語力が高くても、それだけで採用を勝ち取るのは困難です。特に日本企業の場合、コミュニケーション能力や仕事へ真摯に向き合う人間性も評価の対象になります。語学力は採用の判断材料の一つであると考え、ほかにアピールできる強みも見つけましょう。 日本人独特の考え・雰囲気を理解しておく 日本の企業で働く場合、日本人独自の考え方や雰囲気を理解しておく必要があります。特に海外での暮らしが長い場合、日本の文化や考え方にカルチャーショックを受けることもあるでしょう。しかし、日本の企業で日本人と一緒に働くなら、これらを理解し尊重することが重要です。 日本の企業では、強すぎる自己主張をする人物は避けられる傾向にあります。そのため、多くの人が「察する」「わきまえる」などの文化を前提に仕事をしていることを念頭に置きましょう。 帰国子女が仕事・求人を探すなら、専門の求人メディアを利用しよう 帰国子女の方には、英語を活かせカルチャーギャップの少ないグローバル企業が集まる求人メディアを利用した就職・転職活動がおすすめです。 『GitTap』はグローバル×IT求人に特化した求人サイトで、日本人だけでなくさまざまな国籍の人が働く企業を見つけることができます。掲載されている企業は帰国子女の英語力やグローバルマインドを必要としているところばかりなので、GitTapを利用すれば就職・転職をスムーズに進められます。 GitTap登録はこちら 帰国子女には語学力やグローバルマインドが生かせる仕事・求人がおすすめ 多くの企業は、帰国子女には「語学力」と「グローバルマインド」を求めています。語学力以外に経験や資格があれば、より有利に就職活動を進めることができるでしょう。特にIT分野は海外とのつながりが深い企業が多く、帰国子女が働きやすい環境が整っています。 グローバルに特化したIT業界専門求人サイトの『GitTap』を利用して、理想的な就職先・転職先を探しましょう。The post 帰国子女におすすめの仕事・求人とは?探す際の3つの注意点も紹介 first appeared on GitTap BLOG.